2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今更、クリスマス記録③【クリスマスディナーメイン編】

昼からの前菜フィニッシュ(推定午後4時半)までの飲酒量を集計。

アイボウ=ギネス×2パイント、シャンパン×1杯、ベルギービール×小瓶2本
わたくし=ギネス×2パイント、シャンパン×1本-(アイボウの)1杯

お祭り騒ぎです。

つぎぃーっ、赤ワイン開けまぁーす!

もう2人とも完全無敵の酔っ払いですが、さてさてメイン!

::メイン::

a0004810_20162822.jpg

酔っ払いってのは仕事が雑ですね。ってか手前の芋でかっ!
豪快な盛り付けに我ながらアッパレです。

【丸ごとMallard(まがも)の赤ワイン煮込み】
クリスマス前ってのは、スーパーもマーケットもクリスマス用の肉が主流。
当初普通の鴨足を煮込むつもりだったのに、どこを探しても無い!!
ので仕方なく、マーケットの兄ちゃんに言われるがままMallardを1羽初購入。
鴨より小さく、身も薄く骨っぽい。
基本的調理方法はローストらしいが、
どうしてもジェイミーオリバーのレシピで煮込みたい!


ジェイミーのオリジナルレシピはラムの骨付き肩肉だったので
ちょっとMallard用に改良した応用レシピをご紹介。
(後日、ラムでオリジナルレシピにトライしたが、ちょっと微妙でした。)

① Mallardの背中を縦にパッカリ割って開く。
② 洗っても洗っても血まみれなので、塩をすり込み一晩寝かせ血抜き。

一晩血抜き。

③ Mallardをペーパータオルでふきふきして耐熱容器へ。
④ ニンニク、西洋ネギ、トマト、人参、玉ねぎ、セロリを適当に切る。
⑤ ④を③に所狭しと敷き詰める。
⑥ ⑤にトマト缶1個と赤ワインのボトル半分をドボドボ投入。

また一晩赤ワイン漬け。

やっとこさ、クリスマス当日。

⑥ ホイルで2重に蓋をし、200℃に熱したオーブンへ。
⑦ 温度を170℃に落として、3~4時間放置で出来上がり!

ローストしたポテトとともに頂きました。

Mallard、うますぎっ♪
長時間オーブンで煮込んでるので、お肉もホロホロ。
お肉に染み込んだ赤ワインの濃厚なこと!サイコーですっ!
これは大成功よ!

赤のRIOJAによく合うのなんのって!!
クピクピいっちゃいましたわ。

日本の皆様、是非とも鴨の足でトライしてみてくだされ!


まだまだぁ~~~~っ!!!!

つづく。。。
[PR]
by jondosh | 2005-01-05 23:09 | HOLIDAY!