2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今更ウェデングへの道①

年明け早々、暗い事続きのJondosh家ですが、
ここで一発運気を上げてみせますよ!!

えっへん。
わたしとアイボウ、今更ですが、

結婚式しまぁーーす。時期は3月を考えてまーす!

長続きしないシリーズもあるなか、「WEDDING!」をカテゴリーに加え、
ちょこちょこ記録してゆきたいと思います。どうぞよろしゅう。

まず、1回目は序章「今更ウェディングの理由」より。



******************************************

3年前の3月、交際わずか7ヶ月で決心した「勢い結婚」は、
大阪実家近くの区役所で入籍のみの「超地味婚」だった。

2人徒歩で区役所に到着、着ていった服もジーパンにフリース。
下町の濃いぃ~区役所に突如現れた典型的ガイジンルックのアイボウ。
その場にいたローカルな人々の失礼なくらいの視線にみまもられ、
漫画に出てきそうな歯の抜けた職員が書類に記入し、
2人のサインであっけなく結婚が成立。

わたしは昔から、結婚に関する「ウェディングドレスを着なきゃ!」
とか「ゴンドラで登場したい!」とかいう願望がなく、入籍だけでも全然平気。

しかーし、黙っていない人、約一名。

そう、それは オカン。

「一人娘やのに、晴れ姿も見せんと親不孝なっ!」
「写真一枚でも残ってたらええ思い出になるんやからっ!」
「みんなに見てもらうのはケジメやでぇっ!」
「年とってぶっさいくで見られへんようになる前にっ!!」


ことある毎に、言われつづけ、ついに洗脳されてしまったわけである。


しかし、そこには思いもよらぬ難関が。。。

つづく。。。
[PR]
by jondosh | 2005-02-03 22:14 | WEDDING!