2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

IKEA好き。

来年日本にも進出が決まっているスウェーデン発祥のホームストア、IKEA

IKEAは庶民の味方です。
わたしたち夫婦は比較的IKEA好きです。

◎ ショウルームで家具の配置やアイデアをピックアップするのは楽しい。
◎ キャンティーンでスウェーデン版学校給食を食すのが楽しい。
◎ マーケットプレイスで細々したガラクタを衝動買いするのが楽しい。
◎ なにより庶民価格のわりにはカワユイ物もあるので楽しい。

★過去にアイボウが衝動買いしたガラクタ★
本棚取り付けライト
取り付けた本棚の幅がライトの幅の3分の2ほどしかなく、
本棚からライトが飛び出てとっても不細工。
結局本棚ごと、前の家に置いてきました。フフフ。
前もって本棚の幅を計りましょう。

ショウルームを堪能して、腹ごなしの為キャンティーンへゴー。
朝から何も食べずペコペコなので、暖かいものをガッツリ食べたい。
長蛇の列に並び、やっとのことでわたしはチキンと温野菜、
アイボウはミートボールと芋をゲット。

4人がけのマルテーブルに陣取り、いただきまーす!

・・・・生ぬるくて、美味しくない。

しかしここは、お値段も、お味も給食並ということで良しとします。
備え付けの電子レンジでチンし、全体にマスタードを塗りたくって頂きました。

2人とも殆ど食べ終わった頃、わたしたちの座る4人掛けマルテーブルに、
ホヤホヤ赤ちゃんと5歳児をつれたママさんが、相席を申し出ました。

「もちろん!」

直後、お隣のテーブルが空きましたが移る様子は無く、
着々と荷解きし、赤ちゃんをベビー椅子に装着させております。
あれれ、そう言えば、このファミリーのお食事はいずこ?

そしてそのママさん、5歳児に「ジョージ、エマちゃんをよろしくね。」
と言い残し、キャンティーンの人ごみの中に消えていってしまいました。

私達にはなにも言わず。。。

すでにスッカリ食べ終わっておったJondosh家ですが、
頼まれなかったとは言え、乳飲み子と5歳児を放って席を立つ訳には行かん。
仕方なく、2人してベビーシッターに励みました。

乳飲み子と遊びながら漏れ聞いたアイボウと5歳児の会話。

5歳児のロケット玩具を手に、

アイボウ 「このロケットはどの星にいくんだろうね。」
5歳児   「ん~、わからん。」
アイボウ 「火星とか、月とかかなぁ。」
5歳児   「無理やろ。」
アイボウ 「・・・・」

5歳児、えらい冷めてます。

<15分経過>

お昼時とはいえ、ちょっと帰ってくるの遅くない?
もしかして、捨て子?

なんてことが頭をよぎりドキドキしてくるし、
チビちゃんたちも不安になってきたのか、ぐずり始めるし。わなわな。

<25分経過>

ちょっと見に行ってこようかしらと私が席を立とうとしたその時、
ママ、トレーに山盛りミートボールとジュースをのせてご帰還。

「あら、ごめんなさい。ベビーシッターさせる気なんか無かったのよ。」

ですって。

はい、絶対確信犯!

しかーしっ、絵にかいたような善良市民ルック(?)の私達の前にでも、
IKEAのカバンにおさまっちゃいそうな乳飲み子を放置して良いものかしら。。。

この国ってこういうの厳しかったはず。ある種、虐待じゃないの?
わたしたちが極悪誘拐犯じゃなくてよかったわ。ブツブツ。。。




結局この日に買ったのは:

◎ アイボウのCDケース×8
◎ ガラス食器あれこれ
◎ テーブルクロス用布
◎ クッションカバー×2
◎ クッション×2
◎ サボテン
◎ ロウソク
◎ 手鏡etc....

サボテンを含め殆ど衝動買いです。ほほほ。
[PR]
by jondosh | 2005-02-28 22:10 | SHOPPING