2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

肉迫!お式レポート②

肉迫!お式レポート①の続き。

アイボウ父&義母とオカン初対面ランチ終了後、
皆で近くの式場に徒歩で向かう。

【PM14:50】
式場到着。
Jondoshは待合室ってかただの廊下(?)のお手洗いでドレスに着替え。
アイボウは頼んでいたブーケを取りに近くのフローリストへ。

お式の時間は刻々と近付いておるのに、
お化粧直ししてくれるはずの友達メークさんが到着せず。

イライライライラ。。。。

朝10時以来、塗りっぱなしですものね。
その上、「いつもより多めに塗りたくっております!」状態ですよ。

ランチではげた口紅&オカンInnit事件の冷や汗で妙にテカった顔。

白いバラのブーケとともに帰ってきたアイボウと
そんなトホホン顔なJondoshは待合廊下にあるビクトリアンならせん階段にて
アイボウ父とオカンによって激写される。

アイボウ父:「jondoshキレイだよぉ~(涙)!」
オカン:「ちょっとぉ、アゴ引き!」

アイボウ義母:「jondosh、なんてラブリーなのぉ(涙)!」
オカン:「あんた、笑いなっ!!!」

アイボウ:「かわいぃ~~~(涙)!!」
オカン:「顔まんまるやなぁ(爆笑)!」

わたくし:「オカンうるさいっ、フンッ(鼻息)!!」

(偉そうに言った割にはオカンのこのときの写真もブレブレ。。。)

そんなこんなで、お友達2人が到着し、あとはカメラをたくしたA君&ネイルをやってくれたCちゃんカップル、メーク担当のMちゃんを待つのみ!

【PM15:30】
式を行う部屋に移る。
式が始まる直前に3人到着。化粧直しは最後の写真撮影前にすることに。

○ 司会者が挨拶する。
○ 私達が事前に選んだ詩を司会者が朗読する。
○ 結婚の更新の宣誓をする。
○ 指輪の交換をする。
○ 事前に選んだもう一つの詩をアイボウ父が朗読する。
○ 司会者が〆の挨拶をする。
○ 写真撮影。

ってな感じで全工程15分くらい。
ぶっつけ本番のセリフリピートに必死になりながらも、
極々身近な人たちの前で、アイボウと見つめ合って誓いをのべてみると、
ぐぐぐっとこみ上げてくるものがあり、涙を堪えるので必死。
普段クールなアイボウもウルルンしていたので余計に危なかった。

感極まって花嫁より泣いている友達Mちゃんにお化粧直ししてもらい、
写真撮影も和やかに終了。

最後、お式のクライマックスは登記所の玄関の階段を
友達に囲まれながら2人で降りるというもの。

土曜日の夕方、登記所前の道はショッピング中のたくさん人たちが行き交い、
一心に、注目を浴びてしまう。。。

はずかちぃ~、けどちょっと嬉しい♪(富士通のCM風)

そしてわたしは後ろ向きで、お約束のブーケをCちゃんめがけて投げた。

Cちゃんはボコッと凄まじい音を立てつつ、
なつかしのドッチボールスタイルで受け止める。

お式無事終了!!!

:余談:
わたしとアイボウがでてくるのを待つ間、
オカン、お式の雰囲気に浸ってちょっとしんみり感動中のMちゃんに、
「Mちゃん、あんた、痩せたなぁ~~~っ!!!」
とひとしきり「素ぅ」だったそうな。。。
(注:Mちゃん&Cちゃん&Jondoshは高校からの同級生、よってオカンも良く知る。)

帰りのタクシーの中でも
「Mちゃんキレイなりやったなぁ~。女優さんみたいやわぁ。」
としきりにクビをひねっておった。

あんたの娘はどないやねんっっ!!

正直な人やこと。。
[PR]
by jondosh | 2005-05-03 23:32 | WEDDING!