2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ロンドンクラビングな週末②。

土曜のおジャビ大先生に引き続き、日曜もクラブ活動。
この日は、アイボウのお友達DJOmid16BDesynのレーベルが主催する
ボートパーチーに招待されておった。

前日の夜更かしで、「クラブはもうええわい。」って感じでしたが、
「ボートパーチー」という事もあり、限界に挑戦!?

普通のクラブだったら却下してたであろうが、
「ボートパーチー」ってのはお得感が違います。

平たく言えば船上デスコですが、
お酒飲みながらデッキで踊るのはたのすぃー!
夏の風物詩ですな。

さてさて指定されたエンバンクメントの埠頭へ午後8時半到着。

a0004810_22454249.jpg
船ちっこぉ~~っ!!!
最小極ミニサイズの屋形船。

Omid&彼女がチケット切りを自らしておったので、「お招きてんきゅ!」とご挨拶。

この極ミニ船の構造は、二階がオープンフロアー&後方デッキ、一階がパブ&トイレ、中二階がバーと先頭デッキの年期の入った代物。

さっそくドリンクを購入して2階のオープンフロアーへ、
既にDesynがまわしており、ご挨拶。相変わらずの優男。
初っ端から結構飛ばし気味のプレイ。

まだまだ気分の上がらないわたしは、フロア横のデッキでまったりと。
ぼーっとしてるといつのまにか日もとっぷり暮れて、

a0004810_23315290.jpg

前方右手に見えますのは、
ビッグベン、ビッグベン。
国会議事堂でございます♪

(写真大ブレ。。揺れるのよ。)



なんて遊んでたら楽しくなってきた。

ズバリ、踊るわよっ!(←結構しつこい)
っとフロアーに突進(ってか横)していったら、
このチッポケな船は沈没するのではというほどの人が全員大暴れ。
いつのまにかDJもOmidに交替してるわ。
a0004810_23573797.jpg

どんどん闘牛士のような容貌になっていくOmidであるが、
やっぱり、プレーも迫力あるわ。

やっぱりDJは重量が無いとっ!! 意味不明。

レコード使わないで最近は全てCDJなのねぇなんて関心しながら、
わたしの気分がグングンぶんぶん急上昇し、

久々にキタァ~~~っ!!!

って時に、横でフラフラと踊ってた姉ちゃんのタバコが、
わたしのムチムチの二の腕にじゅぅーーーっ!!

ぐぉるぁーーーーっっ!!!

っと殴りかかる前に、えらく平謝りされたので、許すしかないじゃないか!

もし謝らなければ、あんな華奢な姉ちゃんの1人や2人、
まとめてテムズに放り込んでやるところだったわ。プンプン。

満員電車並みのところで、スパスパタバコ吸いながら
踊ってる人ばっかりなんだもん!!

そんなこんなが重なって、わたしの気分はどんどん冷えていく。

わたしは禁煙成功する10ヶ月前までゴンゴン吸ってたので、
吸いたい気持ちもわかるけど、クラブでのやいとは堪忍!


ほんでもってこのボートパーチー、特にそういう人が多い!

船上は無法地帯。

みんな下のパブでは、色々なもの吸引してるしよぉ~!
ってか、目つきがやばいよ、兄ちゃん!!

午前1時ごろ、前日の夜更かしで眠いのと、
タバコの煙で喉が痛いのとでわたくし「おうちに帰りたい病発病」

でもここは川の上。
タクシーも着てくれない。

「船長、泳いで帰るから降ろしてください!」

という言葉を飲み込みつつ午前3時の埠頭到着まで、
イライラすごしてしまった。無念。

きっとあの根性焼さえなければ、楽しく過ごせたハズ。

それともやはりクラブ活動自体、「無・理・ム・リ・無理」なのか。。。
[PR]
by jondosh | 2005-05-07 00:25 | MUSIC&DANCE!