2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

健康診断。

今週月曜日、
日本でお勤めしていた頃以来「何年ぶり?」な健康診断にいってきた。

◎身体測定
身長縮んだっ!体重ウソだっ(涙)!

◎血液検査
コレステロール値、肝臓機能、体脂肪すべてパーフェクトとなっ!

前日の日曜日、イカンイカンとおもいながらも、あまりの暑さにビールやワインをがんがんいったんだよなぁ。わたしの肝臓は結構たのもしいらしい。フフフ。

◎尿検査
正常らしい。

◎心肺機能を測定する自転車こぎ検査(勝手に命名)
マウスピースを噛み、鼻をつままれ、自転車こぎの間抜け面。
運動してないし、去年8月までタバコ10年吸いつづけてたのに、花マルらしい。

◎耳と目検診
どっちも正常らしい。


イエイッ!わたしは健康体なのだ!

そして、なによりも、

たくましい肝臓に産んでくれて、オカンありがとうっ!




◎子宮ガン検診
この国では性交渉のある女子に対して3年に1度の子宮ガン検診が推奨されてます。普段、なかなか予約の取れないGPが自ら繰り返し検診を勧める手紙を送ってきます。

わたしはこれまでGPの手紙を無視しつづけてきたので、今回が初めて。
もちろん前もって女医さんを予約しました。


その女医さん、思い過ごしだとは思いますが、ゲイっぽかったんでごす。

とってもチャッティーでフレンドリーな方で、コンサルトも和気藹々と。
所々男っぽいっていうか、「あれっ?」と思う言い回しなどがあったんだな。

検査用のベッドに上って、服を脱いでいてる私に、

女医さん:「イギリスにはずっと住むつもりなのかい?」
J:「いや、将来的には子供作ってダンナと日本帰りたいっす。」
女医さん:さり気なく「Don't worry about him. (ダンナはいらんて。)」
J:「・・・・(えへへへっ?!)」

えぇ~~っ!

その会話の前にダンナの悪口言ってたわけでもないのに、脈絡が。。。
この返しは絶対におかしい!!

その後はやられるがまま検査終了。

九割九分、あまりの緊張による妄想だと思いますが、
ちょっと検査自体と声に感情がこもってたような。。。

お医者さん、ゲイのみなさま、気分を害されたらごめんなさい。
きっと、わたしの妄想です。

[PR]
by jondosh | 2005-07-15 21:23 | MUMBLING