2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最初で最後のチャリ通。

先週末、中古チャリンコ(願わくばママチャリ)を物色する為、マーケットへ。
ある店先で、気に入ったものに出会った。

ドイツ製元折畳式のビンテージ(ボロとも言う)チャリンコ
a0004810_21524546.jpg

50ポンド(約一万円)なり。

オンボロチャリンコに一万円!たっかぁ~っ!
浪花商人の娘、マーケットとなると値切らねば気がすまぬが、
ガンクツオヤジは一文たりとも負けてくれなんだ(悔)。

まぁ、これも惚れた弱みと諦めて言い値で購入。

その屈辱を鍵屋さんで「2個買うからまけろ作戦」で晴らしましたがね。

さてさて、このオンボロさん。所々に折畳式の名残があるのですが、分解すると二度と形状を再現できそうもないので、そっと気付かなかったふりをしてあげています。

ご近所さんでフラフラ練習を重ね、
さっそく、今朝、初めてのチャリ通勤を実施いたしました。

感想を申しますと、

こっわーーっ!!絶対にムリッ!!

単車免許も持ってない、所詮わたしはママチャリダー。
この国の車道は走れません。。。

最初の5分は良いのよ。
裏道をスイスイと結構気持ち良いのよ。

それが、家から会社までを南北でつなぐ車線4本の大通りにでてしまった途端、顔面から血が引くとともに、全身からイヤァ~な汗大放出。

バイクから4トントラックからダブルデッカーからが殺気立って走る先頭を、こんな壊れかけチャリンコで堂々と車線変更が出来るわけもなく、「このままでは会社と全然別の方向へ行ってしまう!!」

追い詰められ、パニくったわたしは歩道にポンッと乗ってしまいましたわよ。

その死のジャンクションを過ぎたあと、歩行者も多いのでやっぱり車道に戻らざるを得ず、前の先輩チャリダーに死に物狂いでついていきました。

a0004810_2374550.jpgリバプールSt.駅前ではベンディーバス(2車両がつながってるバス、参照⇒)とトラックとの間にキュっとコンパクトに挟まった形になってしまい血圧急上昇。事なきを得ましたが寿命は確実に縮まりました。

なんとか命からがら会社に辿り着き、チャリンコをガレージに止める瞬間。
「二度とチャリ通するものかっ!」 と固く誓ったわたし。

髪の毛はザンバラ、イヤーな汗放出で、5キロ位減った気持ち。

考えが甘かったようです。


もぉ~~っ。今日の帰りが怖いよぉ~~(号泣)。
[PR]
by jondosh | 2005-08-10 22:44 | MUMBLING