2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

つれづれミラーン!【序章】

土曜日から2泊3日でミラノへミニホリデーに行ってきた。

アイボウからの三十路プレゼントの一環なのさ。

大きい声じゃ言えないが、実はコレが初ミラノ。


霧雨のロンドンから早朝の便で到着はミラノ到着はまだお昼前。

ぎらぎらと日差しがつよーいっ!
ステキングっ!

まずホテルにチェックイン。
中央駅から徒歩3分、便利な上に新しくてキレイで花まるだなこりゃ。


さてさて、ミラノホリデーの主な目的をちょこっと。

◆ ミラノと言えば「しっぽりミラノ」、Shipporinaさんに会うぅー!
◆ お気に入りバンド、ArcticMonkeysのライブを見るぅー!
◆ とにかく食べるぅ&呑むぅーーっ!!(これ基本)
◆ 泣く子も黙るミラノだもん。いいじゃん。開き直り三十路ショッピングぅーっ!

てな感じ。


まず序章として3度目、5年ぶりのイタリアと初ミラノの印象をば。

⇒ 本場イタリア男、人のこと見すぎ。
ロンドン在住のイタリア人男はどうも控えめらしいことが判明。
こっちがアイボウといようが、あっちが彼女といようがお構いなし。
まず遠目に発見。通りすぎながら凝視。そのあと振り返って凝視。(アイボウ談)

⇒ イタリア人、声でかい。
基本的に怒鳴りあっている。ように聞こえる。

⇒ イタリア人女、ルックス最高。
特に娘さんたちはキレー!デブ天国のイギリスから旅するから余計に思うのか。
女のわたしが見とれるほどの抜群ボディーに完璧な化粧。
やっぱり「セクシーでなんぼ」なのね。

⇒ ミラノのビールは高い。
ライブ会場で呑んだビールの高さにはビツクリ。
半パイント強で5ユーロ(約700円)!!
たまたまかもしらんがバーなんかでも、カクテルの方が安かったりした。

⇒ ミラノのハトは攻撃的。
ロンドンのハトも相当強いけど、イタリアーノには降参。
風貌もラフな感じのハトが多い(羽が油っぽい)。
蹴られても負けない。

⇒ 運転の無秩序さ天下一品。
車もバイクもそしてチャリンコもやりたい放題。
ちなみに駐車線はただの飾りらしい。

⇒ そこいら中に綿(?)が飛んでる。
なに?みんなそんなに四六時中布団叩いてるの?


今思いつくのはこんなもんだろうか。。。

ミラノ編、つづく。
[PR]
by jondosh | 2006-05-16 21:27 | HOLIDAY!