2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ワールドカップウィークエンドのすごし方。

はじまっちゃいましたね。
泣く子も黙るワールドカップ5ウィークス。

3ヶ月前くらいからソワソワしはじめたアイボウをバカにしながらも、わたしも密かに負けないくらいワクワクっとしとるんばい。

:金曜日:
ドイツ対コスタリカの開会試合、会社も5時を10分フライング気味で飛びだし、友達の待つパブへゴーー!
3年ぶりに会う友達との会話もままならず、ビール片手に大興奮。
まわりのイギリス人は、やはりアンダードッグサポートなのか、ただたんなるドイツ嫌いなのか、コスタリカが得点するたびに大盛況。ドイツのサポートしてたのはわたしたちだけっぽい。結果はもちろんドイツ勝利。

:土曜日:
開催二日目、初っ端は、イングランド対パラグアイ。
ドイツ試合の後、結局午前2時近くまで大はしゃぎで起床は不覚にも正午。
早く用意しなきゃーーっ!アイボウとチャリンコでShoreditchのバーへゴーッ!
町はどこもかしこも、ものすごくしーーんとしてます。ゴーストタウン。
全員パブか自宅で固唾をのんでキックオフ待ちなのね。

Jondosh家御用達のバーに到着、すでにそこはドイツ(爆)。

ルゥーニィーッ♪ルゥーニィーッ♪
(今日は出ぇへんっちゅねん。)

ボルテージ急上昇。
軽い二日酔い気味なわたしも、むかい酒で「バッチ来い状態」(爆)。

始まりました。
美べッカムの神業ポジショニング+ラッキー敵ヘディングで速攻先制。
いい滑り出しにもかかわらず、ぜんぜーーん2点目はいらーーん!

愛しのジェラード&体形がどこかしこアイボウとかぶるロボットダンス・クラウチがイエローきられるわ、最近めっきり頭角あらわした(ちょっと気になる)ジョーコールが腹ダイブするわ。水分補給するイングランド選手にレフリー注意するわ(これ意味不明)。。。

後半押され気味のイングランドに対して、がっつり食い込んでくる手ごわいパラグアイ、最後のインジャリータイム4分までたっぷりハラハラしっぱなし。
なんとか勝ちましたがね。でも気持ちいい勝ち方じゃないな。
そそ、今イングランドチームでもっとも注目は、
197cm70kgのまっち棒フォワード、ピータークラウチ選手。

ゴールを決めた後に疲労するロボットダンスで大顰蹙をかってるわけですが、一見、普通に走ってるだけで絡まってこけるんじゃないかとハラハラさせるガリゴリのながーいで足で、相当器用なボール捌きをするのさ。キャラが面白いのも手伝ってこのワールドカップでは「ルーニーコール」の次に「クラウチィーコール」が一般化しそう。

さてさて、次はトリニダード・トバゴ対スウェーデン。
チャリンコで一旦帰宅、酔い覚ましの麦茶片手に洗濯、掃除、洗物しながら観戦。

強豪スウェーデン、カリビアンの小さな国相手にまさか0-0!
こりゃ同グループのイングランドにはとってもステキな展開。

その後、わたしは友達とウエストエンドで会食。
アイボウは友達とバーベキュー。

それぞれ先々でこの日最後のゲーム、アルゼンチン対コートジボアール鑑賞。
個人的にはプレーよりもなによりもマラドーナのはしゃぎっぷりに大爆笑。


:日曜日:
この日も快晴!
朝っぱらからおにぎり作って麦茶を水筒に入れ、近所の公園でピクニック!
まったり読書しながら日光浴。
はい、2時の時報と共に公園のわきにあるパブ前へ這って前進!
3日目第1戦はオランダ対セルビア。
気持ちよすぎて途中不覚にも爆眠。
やっとこさ起きたらゲーム終了してました(爆)。

帰宅しシャワー浴びて、そうめん食べながら第2戦メキシコ対イラン。
解説リネカーのまとめ、「ブラボーはブラボー(恥)。」これに限るね。

下の住民のお庭バーベキューのニオイに胃を刺激されながら、本日第3戦、ポルトガル対アンゴラ。やっぱポルトガルは、いいプレーするなと。
アンゴラの20番、悔しいけど触れときます。子連れ狼、大五郎。
しとしとピッチャンしとピッチャンと。

2日半で見たゲーム数。
6.5試合。


ワールドカップステキング!
[PR]
by jondosh | 2006-06-12 21:44 | MUMBLING