2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

師匠

昨日、先日お伝えした例のテレビ収録へいってきたよ。

もちろんこの日のお目当てはジャービス

会社5時直帰で最前列ゲッチュー。

ステージの上には、見覚えのあるアコギが。。。

えぇーーーーっ!!えええええぇ~~~~っ!!

まさかジャービス、トップバッターっすかっっ?


連れて行った弟子がスタッフに聞きにいってくれて、予想はビンゴ。

やったっっ!!
この日の他の出演者LemarTAPES & TAPES、BRAKES、ってか何よりもながーいセットチェンジの間中、最前でふんばらなくてもすむのね。

さすがジャービス、お年寄りに優しいスケジュール、ステキング。

まじで最近、長時間は腰痛できついのよ。


さてさて会場インしてから1時間ちょっと待ちましたかね。

ついに彼がステージに現れたのですが、
もうね、、、なんと言いましょうか、感無量。

瓶底メガネ、ベタベタ沙悟浄ヘアー、灰色の職安通い風ジャケットで登場した彼なのに。。


a0004810_22582936.jpgこんな感じ→(コワッ!!)

昔のようにOn Stage、Off Stageの使い分けが無くなり、ずっと「素」で通す事にしたらしい。

a0004810_2337896.jpgちなみに10年前の彼はこんなんでした→

この日に丁度発売された初ソロアルバムから3曲披露。

声は本領出てない感じ。
特有の動きも控えめ。

だって客を前にしたライブは4年以上ぶりだもの。

しかし、たかがテレビ収録、タダ見のお客相手に、
ここまで、エンタテインしようとする人はいませんよ。
ここまで、「ありがとう」を連呼する人はいませんよ。

ここまで、皆を笑顔にする人っていませんよ。

とにかく、わたしの涙腺を五感を刺激するおジャビ大先生は健在。

最終曲3曲目を始める前に彼は言った。

「もう次で帰らなきゃ、やっと君達と分かり合えてきたところなのに。。
折角楽しくなり始めたばかりなのに。。。まったく、なんだかボクの恋愛みたいだよ。」

いや、ジャービス、心配してくれるな。

実はね、
即完売だった明日の単独ライブのチケットも手に入っちゃったのよね。

ふふふ。

だから、また明日会えるのよね。

なんなら、そのライブには元パルプ同僚のキャンディダ、スティーブ、リチャードもゲスト出演するのよね。

ふふふふふふふ。


ふふふふふふふふふふ。
[PR]
by jondosh | 2006-11-14 23:22 | MUSIC&DANCE!