2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロンドンフィルムフェスティバル

昨日から始まっちゃいました冬時間。
(時計が一時間遅れる。正確には夏時間の終了。)

昨日の夜はわざわざ夏時間の11時半(冬時間の10時半、早っ!)に就寝して、今朝は冬時間の7時(夏時間で8時)に目覚ましをかけていたので起きるの楽勝だと思いきや、、、

体内時計は昨日一日でばっちり調整されていたらしく、相変わらず朝はつらいわけです。

毎年この時期になると楽しみなのがロンドンフィルムフェスティバル
ロンドンで日本映画が見れる数少ない貴重なイベント。

今年Jondoshが見たのは個性バラバラのこちらの2本↓

それでもボクはやってない
a0004810_20424898.jpg


痴漢冤罪をテーマにしたドラマ。

2時間半近くある長編にもかかわらず、ダレる事がなくグッと入り込める映画。
ヘビーでコッテリ、肩が凝りがちな題材をサラっとみれるのも小粋な名脇役達のおかげではなかろか。「引越しのサカイ」のオッサン初め竹中直人(大好き!)やもたいまさこ、いちいちツボにはまるキャスティングがステキング。


内容的には、日本の冤罪裁判にゴーーンと疑問を投げかけるシリアス社会ドラマにもかかわらず、映画を見終わったわたしの感想は、理不尽な裁判へ対する怒りや疑問や悶々とした気持ちというよりも、

なぜか、

「よく出来たおもしろい映画だったわぁ~」

っとかるーく、爽快な気持ち。

わたしの見方がひねているのか?
それともこの映画、実はエンターテイメントが隠れた主題なのか?

映画が終わると会場が拍手の渦でした。
イギ人も大いに気に入った様子。


殯の森
a0004810_20451732.jpg


今年のカンヌで賞をとったインディペンダント映画。
33年前に愛する妻をなくした痴呆老人と、最近愛息を無くした介護女性のお話。

とびっきり美しい日本の山村と登場人物のバックグラウンドを印象付ける映像がゆるーく流れる前半、後ろのオッサンのポップコーン咀嚼音と真横に放り投げられたくっさい足で感情移入がうまく出来ず、イライライライラ。

映画の中で、自由奔放に駆け出すお爺にイライライライラ。

それが、中盤、森の川にずぼっとはまるシーン(見た人だけわかってね)でわたくしもズボっとはまり、号泣ののち、後半は不思議なほどCalm(穏やかな)な気持ちに。

不思議な映画だったわ。


いやーーー、映画ってやっぱりすばらしいですね。





ふと思い出して、2004年フィルムフェスティバルで見た「誰も知らない」、あの子役達はどんな風に成長したんだろうと、ググってみた。

柳楽君。。。。。。。
a0004810_22303277.jpg

妖怪人間ベロじゃん。実写版じゃん。
[PR]
by jondosh | 2007-10-29 22:30 | FILMS&BOOKS