2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ジプシーの小道具

『僕』的事件簿・ファイルⅡ

去年の夏引っ越してから、殆ど地下鉄には乗りませんが、以前は毎日利用しておりジプシーにも毎日のように会いました。

よく会ったのが、乳飲み子を抱き、脇にもう一人幼い子供を連れた母ジプシー。
幼子の顔にはススがぬってあり、皆着ているものもボロボロ。母が乗客に物乞いしている脇で、その乗客に「お腹すいた」と目で懇願する。
私も子供の目に負けて小銭を渡した事は何度かあります。

人間の心理。子供には弱い。ここを奴らは利用します。
その子供達は文字通り小道具なのです。
ジプシー間で子供を貸し借りするとのこと。

信じられますか?

そんな風に乳飲み子の頃から利用され技を仕込まれた子供たちは、次にスリと手を染めてゆくのです。そしてまた親になります。なんとも切ない現実です。

なんて無責任なんだぁ!子供を産む資格なし!

スリを働く子供達を責めるのは簡単ですが、
この問題は歴史が長い分、根が深いです。
[PR]
by jondosh | 2004-03-24 19:36 | MUMBLING