2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:MUMBLING( 315 )

ブ、ブタなのか?

えっへん、ううん、喉がちと痛い。
そしてこの体の怠さが時差ぼけなのか、その範囲外なのか判断がつかぬ。

ブ、ブタを拾ってしまったのか???

これから3週間弱、またみっちり送別会の嵐だというのに。。

ブ、ブタなのか???

取りあえず今日の第一弾はキャンセルして薬飲んで寝ます。

ブタなど拾ってませんように。
なーむー。
[PR]
by JONDOSH | 2009-08-26 01:12 | MUMBLING

その後。

前回のブログからはや1ヶ月半。
毎日大阪市の東部あんど中部をうろうろしながらなーんとか住環境整えました。
自分をほめてやりたい。

その後も2度程「外人お断り」人種差別にあいながら、結局落ち着いたのは、築20年の物件。

実家からぽーんと海外に出たわたしなので日本で賃貸契約するのは初めての経験。
いろいろ勉強になりました。

日本のマンションってハイテクで安いってイメージだったけど、それは分譲物件に限るのね。
賃貸物件ってのは作りが基本ちゃっちー。
リフォームしやすいように作られてる。

まま、当分単一収入の予定なんでバジェットを最低限に下げて家探ししたし、
ハイエンドの物件はまた話が違うんだろうけど。。。

うちの新居(?)も表面上は奇麗にリフォームされてはいるものの、キッチンは初めて見る代物。
ガスコンロ場所がぽっかり空いてるのを目の当たりにして、
工事中??誰がこの穴を埋めてくれるの???
えっ?わたし?!みたいな(笑)。

イギリスの不動産ってのは、売るにしても貸すにしても、新しいキッチンが要のような気がする。
ほとんど自炊しない人種なのに、キッチンだけピッカピカ。

エニウェイ、今回家探しするにあたって、低バジェットの中でも譲れない項目があったのさ。

1、どでかい公園の近く。
2、実家にチャリンコでいける。もしくは電車一本で行ける。
3、2LDKで、セカンドベッドルームがリビングから離れている。

あとは、築20年だろうと、キッチンが昭和枯れすすきであろうと、鴨居がめちゃくちゃ低かろうと、目をつむったわけ。

ってか鴨居の低さにはびっくり。
アイボウには写真を送ったり、寸法を電話で説明したりして了解を取ったものの。。。
「小人ハウス」と命名されてしまった。

天井はイギリスのと変わらないんだが、ドアや鴨居が異様に低い。
洗面所の入り口なんて172cmしかないの。
身長183cmのアイボウには大変申し訳ないが、なれるまでヘルメットでもかぶってもらわねば。

さてさて、そんな新居(?、しつこい)に8月1日には入居をすませ。
必要最小限の家電や家具などを購入し、住環境を整え、先週木曜日に本引っ越しのためにロンドンに戻ってきました。

もう頭が「早く日本生活スタートしたい」モードなので心ここにあらず。
ハートは完全にロンドンを離れてしまっていることを実感いたしております。

しかし、やらねばならんことが山積み。
アイボウのビザ取得や引っ越し手配、各種契約の打ち切りなどなど。
ま、一番難儀なのがアイボウのゴミコレクションの処分。

早くもネバーエンディングなゴミの山に、絶望的な気持ちになっております。
「すべて燃やしてしまいたい。」衝動と戦っております。

10年のロンドン生活を締めくくる最後の3週間、
まったくもって楽しめそうもありません。とほほん。
[PR]
by JONDOSH | 2009-08-24 17:53 | MUMBLING
ぎゃーーーん!!
あれよあれよと帰国が目前~~~!

まじで時間が無い。

てかロンドン、最強にうっとい。
最後の最後にやつらの底力を見せつけられてます。


まず、5月末にカード会社へ支払った1250ポンドが遭難中。

毎日電話でたらい回し。
銀行とカード会社、両者責任のなすりつけあいで話が前に進まぬ。
セキュリティー保護の原則から両者が直接話をする事はなく、
私は通訳のごとく両者の板ばさみ。

最後の1週間、このクソ忙しいときに、
なんでこんな事に巻き込まれとるんやろ。。。

過去10年、何度と無く経験したこの国のカスタマーサービスの腐りっぷり。
まったく向上しないね。

一度、雑巾がけからやり直してみてください。


そして、ここ最近、ロンドンの分際で毎日30度オーバー。

チューブやバスは灼熱密室地獄。

昨日、サウケンの5星ホテルでエステトリートメント(友からの誕生日プレゼント、ウフ)を受けた帰り、サークルラインでトンネルに30分以上閉じ込められた。

毎度おなじみ信号機故障。

通常1時間の道のり、結局2時間かかった。
ストレスと暑さと臭さで死にかけた。

折角の極上リラクゼーションの直後。。。

やっぱり25ポンドをケチらずタクシーを呼んでおくんだった。


一度、アサガオ栽培からやり直してみてください。


おかげさまでロンドン生活への未練数値、完全なるゼロ。



来週月曜日のプチ帰国まであと4日。
1250ポンドの行方は判明するのだろうか。
[PR]
by jondosh | 2009-07-02 18:14 | MUMBLING

いやはや。

専業主婦業を1週間こなして、土曜日の午後、ふと、

「相変わらず、ばたばたしとるなーー。」

毎日なんやかんやと、ばたばたしとる。

どうやら、ゆっくりのんびりできない性格らしい。

長年の夢であった「ざ・朝寝」を一度も実行することなく、会社勤めしていたときよりも早く起床し、ばたばた。

アイボウに餌を与えて、送り出した後、掃除洗濯。
その後、午前は帰国へ向けての調べ物や書類取り寄せなんやで、ネット。
ランチ食べて、午後夕食の買出しへブロードウェイマーケットへ。
平日でも一応肉屋は空いてるし、野菜ストールは出てるし、コンビニはあるし事足りる。
帰りにカフェでカプチーノ&目の保養。
ここの兄ちゃんが文句なしのイイ男なのさ。ぶふふ。
帰ってアイボウの夜餌を用意し、わたしは身支度をして友達とディナー。

なんてことやってます。

たのしい。ぬふふふ。

そして、
明日から3泊4日で親友のCちゃんと「コート・ダジュール、女二人食い倒れの旅」を決行!


最後のヨーロッパ満喫。

わははははーーーーーー!!!!
[PR]
by jondosh | 2009-06-07 01:51 | MUMBLING
おわった。

無事おわった。

先週金曜日に7年勤めた会社を退職しました。

怒涛の送別ランチ&ディナー&ドリンクラッシュで激太り。

以下一部をダイジェストで。

5月19日夜
会社は違うが同じ金融にお勤めで、1年ちょっと前から仲良くさせていただいてるMちゃんとイズリントンのお気に入りジャパレスAkariでしっぽりディナー。
偶然同じ会社のDが居合わせる。やっぱロンドン狭いね。

5月21日夜
社内イベントに同僚の仲良しL&Mと参戦。
ただ酒をがっつり飲み。
オフィスゴシップでぎゃーぎゃーたのしーっ!!
「あそこにいる派手な女と、同僚(既婚者)が一緒に歩いてるの見たー!」
ただ酒がそこにあるかぎり、、、オフィスゴシップの花は枯れぬ。

5月26日夜
同僚3人と某日本食レストランで送別ディナー。
仲良し同僚のL(オフィスのアイドル的金髪美人、そしてイギの若い女性には珍しくすばらしい性格)と私、そして駐在員の男性二人。
ま、どうでも良いんですが、、、主役はわたしのはずじゃぁ???
Lが気を使って話をわたしに戻すたび、駐在の一人(Lファン)がLに英語でつまらない質問する。
英会話レッスンは他でやってください。
ったく、ガキでもあるまいし最後まで気が利かないんだから。。

5月27日夜
部長と新人君としっぽり送別ドリンク。
新人君と初めてちゃんとお話したが、「デキる子ってのはこの子みたいな事をいうんだなー」ってな感じの魅力的な子。
ものすごーくエリートだけど、話してて勉強だけじゃない賢さがにじみ出ている。
嫌味が無く、やんちゃな感じもかわいらしい。
ルックスはタイプじゃないが、誘われたら断りきれる自信が無いわ(爆)。なんつて。

5月29日夜
出勤最終日の放課後、会社関係の人をあつめて「ありがとう!」の気持ちを込めて御返しドリンクパーチー。
5時から10時強までショットあり、シャンパンありでがっつりごっつりドリンク。
途中からアイボウも乱入でたのしくワイワイ!!


パーチーの翌朝、5月何度目?の二日酔いで目覚めたが、
なんともいえない焦燥感と喪失感に襲われた。
もらったFarewellカード読み返して、ウルウルしちゃったり。
いやはや、なんとも不思議なもんだねー。



でもそんなウジウジしてられなーいっ!!

あと1ヶ月に迫った本帰国まで、
思う存分あそびたおすのだーーー!!!
[PR]
by jondosh | 2009-06-02 00:57 | MUMBLING

送別【Part3】&大事件

たった今書きおわったブログが、必要異常に敏感なドアホ・ザ・タッチパッドのおかげで完全消滅してしまったので、以下箇条書き。

○ 土曜日の夜は高校からの大親友Cちゃんと三十路クライシス不良時代に住処にしていた日本食レストランで深酒。

○ 後半戦には来ロン当時からの古い知人Mが参加で昔話に花が咲く。

○ 翌日用事があったので10時に起床。二日酔いで相変わらずふらふら。用事をなんとか済ませ2時に昼寝突入、5時に友達からの松ちゃんニュースで起こされる。


ショック大。

まさかこんな事が現実になるなんて。。。

あの松ちゃんが、パパになるなんて。。。

とにかく、ショック大。
[PR]
by jondosh | 2009-05-19 04:14 | MUMBLING
同僚のLとM、元同僚のRとランチ。

久々に会うRは、イギ女29歳シングルなのであるが、
ここだけの話、初めて彼女が職場に来たとき軽く40オーバーだと思っていた。。

実に老けていらっしゃる。

しかし話してみるとバリバリ『29歳・シングル・キャリア・イギ女』なのだ。
攻撃的なデート力&パーティー力で会うたびに沢山の逸話を聞かせてくれる。

彼女は4人の中で一人、当然のごとく食事+パイントビールを注文。
顔色一つ変えず、機関銃のごとく最近のデート相手についてこきおろし、
あっという間に1時間終了。

職場へと戻っていった。


相変わらずエネルギッシュな女。

帰国までにさしで飲む約束をしてしまった。
生きて帰れるか不安。


アフターファイブはアイボウとファーリンドンで待ち合わせ軽く飲んでかえる。
前から行ってみたかったVINOTECA

お手軽価格のグラスワインの種類が豊富で軽いおつまみも美味しいと評判のワインバー。

悲しいかなどこへいっても断然ビール党のアイボウはやっぱりビールですが、
わたくしはまずCava、そしてチーズボードと共にお店のお勧めに従ってマルサラ酒をばいただきました。

ふぅーむ。
a0004810_2222980.jpg

a0004810_223219.jpg

マルサラ酒、、料理酒だと思ってまいた。
そしてこれからも料理酒として認識します(爆)。
[PR]
by jondosh | 2009-05-16 22:04 | MUMBLING
昨日の職場友のバースデードリンク。

8時には退散しようと誓って参戦したのに、
ドリンクも3杯までと誓って参戦したのに、

結局家に着いたのは12時前。
チーン。

すきっ腹に永遠ワインを5時間近く飲み続けた割には、記憶もハッキリ。
家に帰ってアイボウのお弁当をつくり、お風呂につかって就寝したはずが、、、

今朝の二日酔いたるや。。。地獄の如し。

やっぱり食べずに飲むと残るねー。
って相変わらずな事をブログですみません。

朝はなーーーーんにも食べるきしなかったのだが、
昼近くなるとたまらなくカツカレーが食べたくなった。

12時きっかりにキャンティーンで念願のカツカレーをがっつり食し、満腹りんでウップウップしながら、キッチンでお茶を入れていると、同じフロアの別部署にいる顔が豚コウモリにそっくりの英人がやってきた。

狭いキッチンで2人きり。

やつの体臭は生乾きのゾウキン+水戸納豆。

こみ上げてくるものと必死で格闘しました。

おえ。
[PR]
by jondosh | 2009-05-15 04:38 | MUMBLING

送別【Part1】

なんやかんやと文句言いながら通い続けて早7年。

わたしのロンドン生活も、ほぼこの会社と共にあったわけですが、残す出勤日数もあとわずか。

今日第一弾の送別ランチがありました。

お誘いは営業のT さんとMさん。
お二人ともそこまで親密な交際はなかったものの、
フレンチに連れて行ってくださいました。
うぉっほーーーーっっ!

素敵なお花まで頂いちゃって。
a0004810_4314214.jpg

あれほど忌み嫌った職場も、退職が間近にせまってくると、あら不思議、セピア色。
つい三週間前まで後姿を見るだけでトビ蹴りしたい衝動にかられていた同僚にも、なんだかやさしい気持ちになれる今日この頃。

結局、そんな悪い職場じゃなかったから7年いれたんだなってね。

皆様に感謝!

明日の放課後は職場友の誕生日ドリンク。

すでにまん丸ブタさんなのに、外食が永遠続くぞー(涙)!!
ブヒヒィ。
[PR]
by jondosh | 2009-05-13 04:31 | MUMBLING

一眼レフデビュー。

ロンドン生活終了にあたり、いろいろな思い出をキャプチャーしようと、
2月に一眼レフデビューを果たしました。

記念すべくJondosh家初代一眼レフとなりましたのは、ソニーα200。
(すでにアイボウによって世代交代が勘案されておりますが。。。)

すでに、どたばたヨーロッパ満喫キャンペーンの一環、バルセロナ旅行(2月)、
フィレンツ旅行(4月)へご同行お願いしたんですが、、、、

なにぶん、でかいし重たい。

てことで、わたしはほとんどタッチしておりません。
たまーにアイボウから奪い取り、ポチっととるだけ。

っで旅行以外、ずーっと家で眠っておりますの。

思い出キャプチャーどころか~~~!!

テクノロジーオタクのアイボウは、すでにチビこいデジカメには興味が無いらしい。。。
自分用にちーこいの購入しようかしら。ふむむ。



あと、もうひとつ、アイボウもわたしも今のところ、マクロモード撮影にしか興味が無い。
っというか、マクロモードが一番分かりやすく満足感を得られる撮影方法だからなんだけども。
もじもじ。

結果、旅行の写真半分以上、植物、虫、小動物のどアップ。

これは、わたしがフィレンツェのボーボリ庭園の池にて一眼レフ撮影した鴨。
a0004810_5463959.jpg


思い出キャプチャーどころか、場所不明。。(涙)。
[PR]
by jondosh | 2009-05-12 05:52 | MUMBLING