2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:WEDDING!( 12 )

肉迫!お式レポート②

肉迫!お式レポート①の続き。

アイボウ父&義母とオカン初対面ランチ終了後、
皆で近くの式場に徒歩で向かう。

【PM14:50】
式場到着。
Jondoshは待合室ってかただの廊下(?)のお手洗いでドレスに着替え。
アイボウは頼んでいたブーケを取りに近くのフローリストへ。

お式の時間は刻々と近付いておるのに、
お化粧直ししてくれるはずの友達メークさんが到着せず。

イライライライラ。。。。

朝10時以来、塗りっぱなしですものね。
その上、「いつもより多めに塗りたくっております!」状態ですよ。

ランチではげた口紅&オカンInnit事件の冷や汗で妙にテカった顔。

白いバラのブーケとともに帰ってきたアイボウと
そんなトホホン顔なJondoshは待合廊下にあるビクトリアンならせん階段にて
アイボウ父とオカンによって激写される。

アイボウ父:「jondoshキレイだよぉ~(涙)!」
オカン:「ちょっとぉ、アゴ引き!」

アイボウ義母:「jondosh、なんてラブリーなのぉ(涙)!」
オカン:「あんた、笑いなっ!!!」

アイボウ:「かわいぃ~~~(涙)!!」
オカン:「顔まんまるやなぁ(爆笑)!」

わたくし:「オカンうるさいっ、フンッ(鼻息)!!」

(偉そうに言った割にはオカンのこのときの写真もブレブレ。。。)

そんなこんなで、お友達2人が到着し、あとはカメラをたくしたA君&ネイルをやってくれたCちゃんカップル、メーク担当のMちゃんを待つのみ!

【PM15:30】
式を行う部屋に移る。
式が始まる直前に3人到着。化粧直しは最後の写真撮影前にすることに。

○ 司会者が挨拶する。
○ 私達が事前に選んだ詩を司会者が朗読する。
○ 結婚の更新の宣誓をする。
○ 指輪の交換をする。
○ 事前に選んだもう一つの詩をアイボウ父が朗読する。
○ 司会者が〆の挨拶をする。
○ 写真撮影。

ってな感じで全工程15分くらい。
ぶっつけ本番のセリフリピートに必死になりながらも、
極々身近な人たちの前で、アイボウと見つめ合って誓いをのべてみると、
ぐぐぐっとこみ上げてくるものがあり、涙を堪えるので必死。
普段クールなアイボウもウルルンしていたので余計に危なかった。

感極まって花嫁より泣いている友達Mちゃんにお化粧直ししてもらい、
写真撮影も和やかに終了。

最後、お式のクライマックスは登記所の玄関の階段を
友達に囲まれながら2人で降りるというもの。

土曜日の夕方、登記所前の道はショッピング中のたくさん人たちが行き交い、
一心に、注目を浴びてしまう。。。

はずかちぃ~、けどちょっと嬉しい♪(富士通のCM風)

そしてわたしは後ろ向きで、お約束のブーケをCちゃんめがけて投げた。

Cちゃんはボコッと凄まじい音を立てつつ、
なつかしのドッチボールスタイルで受け止める。

お式無事終了!!!

:余談:
わたしとアイボウがでてくるのを待つ間、
オカン、お式の雰囲気に浸ってちょっとしんみり感動中のMちゃんに、
「Mちゃん、あんた、痩せたなぁ~~~っ!!!」
とひとしきり「素ぅ」だったそうな。。。
(注:Mちゃん&Cちゃん&Jondoshは高校からの同級生、よってオカンも良く知る。)

帰りのタクシーの中でも
「Mちゃんキレイなりやったなぁ~。女優さんみたいやわぁ。」
としきりにクビをひねっておった。

あんたの娘はどないやねんっっ!!

正直な人やこと。。
[PR]
by jondosh | 2005-05-03 23:32 | WEDDING!

肉迫!お式レポート①

お式前夜、緊張と不慣れな空気ベッド(寝室をオカンに譲ったため)で明け方まで眠りにつけない私とアイボウ。。。

一方、時差ぼけで夜中3時に目が覚めたというオカンは、日本より持参した「上等おかき」で飢えをしのぐも、午前7時、とうとう空腹に耐え切れなくなってわたしたちがやっと眠りについたリビングに侵入。

「7時やでぇ~。ぐっもーにぃーん!」

勘弁してくれ。。。

泣く泣く起き上がり、朝ご飯を用意してあげる。

【AM10:00】
アイボウとオカンを残し、近所のメイクアップをしてもらう友達の家へ。

【正午】
アイボウとオカンとLiverpoolStreetStationで落ち合い、
アイボウの父と義母が前泊しているホテルのあるSloaneSquareへ。

【PM12:30】
KingsRoadのとあるスパニッシュレストランにて、
オカンとアイボウ父&義母の初対面ランチ。
オカン、鼻水たらしながら放心すること数回。(時差ぼけと慢性鼻炎の性?)


:::回想:::

物心付いた頃からわたしの家にはビリージョエルのレコードが流れ、
オカンはそれにあわせてキレイな発音で歌っていた。

わたしが小学校に通う頃、彼女は英会話学校に通い英検2級を取得し、
自分へのご褒美でロンドンに人生初の海外旅行を決行。

その頃(20年前)、ロンドン留学中だった姪(わたくしの従姉妹)に、
カムデンパレス(現存の有名ディスコ)へ連れて行かれ、
若くてキュートなモヒカン兄ちゃん達に大いにモテさそう。
「あの時、あんたら(わたし&兄&父)を捨てて、ロンドン残ろうかと思ったわ。」
と最近になって告白される。(オカン当時36歳)

:::回想終了:::


しかし、老化現象で英語力は落ち、音楽の趣味も。。。

3年程まえ、メールでいきなり

「昨日、梅田コマ(劇場)にサブちゃん見に行ってきてん。
バカにしてたけど、結構ぐっときたでぇ~~。」


と聞かされ、なんだか悲しい気持ちになった。

そんなことはさて置き、
和やかな会食の途中、突然オカンが口を開き、

「今日は、お二人に会えてとっても嬉しいです。夫はスーパーを経営しておりますゆえ、今回は休みが取れず非常に残念がっておりました。」

と、結構流暢に言い放った。

ただ単に鼻水をたらして放心してるかと思いきや、
実は頭のなかで英語を組み立てていたらしい。

その後も、鼻水&放心の直後に英語でポツポツお話し、

最後に飛び切り長い放心中のオカンを気遣って、
「You must be very tired.(お疲れでしょうなぁ。)」と聞くアイボウ父に、

「I am very sleepy, innit!(めっちゃ眠いっちゅーねん!)」
(innit=isn't itの意、アイボウが面白がって教えたスラング英語)

一同、大いに仰け反った。

オカン、あんたには負けます。

つづく。。。
[PR]
by jondosh | 2005-04-29 21:33 | WEDDING!

ご報告。

ズバリ、お式は無事終了したわよっ!
(↑akiko嬢の影響大

たくさんのお祝いメッセージありがとうございました!

先週一杯、
お式したり、二次会したり、
オカンとウィンザー行ったり、
オカンとレ・ミゼラブル観たり、
オカンとハムステッドヒースをさ迷い歩いたり、
オカンと美術館めぐりしたり、
オカンとリスボンに小旅行したり、
オカンとそのリスボンで喧嘩したりして、

お仕事お休みしてましたもので、
ちこっとバタついておりまする。

ボチボチあっぷしてまいりますのでよろしゅう。

ズバリ、見せるわよ!!!
[PR]
by jondosh | 2005-04-27 19:49 | WEDDING!
式を明日に控え、キャベツスープダイエットは4日で終了させて頂きます。

今朝の測定。

初日よりの成果: -1600g!

会う人会う人に「腰まわり&ほっぺが一回り小さくなった!」と評判。

なかなか満足でござる。

これで厳しいオカンの検問もパスできるはず。
(このオバタン、我娘に整形勧めるほど厳しい人なのです。)


そう、本日午後にオカンは大英帝国に再々上陸

こわいよぉ~~~(笑)!

来週の土曜日まで1週間、我家に滞在予定。

昨日、長いキラキラの爪で念入りに大掃除致しましたよ。

掃除機&洗濯機ブイィーーーン!
キッチンのシンクもピッカピカ!
トイレや洗面所もゴシゴシ。

最初は爪をかばおうとゴム手袋着用してたんですが、
やぶれて水が浸入してきたので、後半は素手で挑みました。

結果:新たに7つのチビ仁丹行方不明。

キラキラの長い爪は家事には向きませんな。

無念。


さてさて、
昨日は全身アロママッサージをキャンセル(涙)して、
急遽アイボウオフィスでのレセプションドリンクのセッティング。

近くの大型酒屋チェーンで、

ベルギービールDuvel赤×1ケース(16本)
AsahiSuperDry×1ケース(24本)
CarlsbergExport×1ケース(24本)
チェコビールStaropramen×1ケース(24本)

白ワイン×4本
赤ワイン×4本

Cava×2本
シャンパン×2本

ソフトドリンク×0ゼロ

合計=150ポンド(約3万円)

極内輪で招待したのは20人弱なのに。。。

なぜかDJセットもセッティングされ、3人がDeepChillを交替でスピン。

なんともかんとも、恐ろしい予感。


あと、最後の難関。
アイボウの靴ですが、買いに行く暇が無かったので、
茶靴に黒のワックス塗りたくり、こげ茶にしちゃいました(汗)。

こんなのも結構アリかと。



オカンお守りの際、ネットから遠ざかる事でしょう。
隙を見て脱走を試みますが、たぶん、報告は再来週になるかと。


それでは皆様、

Wish Me Luck!
[PR]
by jondosh | 2005-04-15 20:05 | WEDDING!

今更ウェデングへの道⑧

只今4日目のキャベツスープダイエットは順調に進行中!

今朝の測定。

初日よりの成果: -1400g!

昨日は仕事の後、ウェディングドレスを受け取りにいって、
そのままネイル勉強中の友達のお宅へおじゃまんぼ。

本格的なネイルアートって初体験だったので、びっくり。
結構時間掛かるのねぇ。

3時間半。。。

出来上がりは春らしく、花嫁さんらしく、
薄ピンクベースに白いお花&スワロフスキーのラインストーンがキラァ~ン!

かわゆいわぁ~~!!ありがとうCちゃん!

ほいで仕上げにトップコートを塗ってもらった途端、
お決まり突然の尿意に襲われる。

ガーン、何故なの?

いくら10年来の大親友とはいえ、ズボン、パンスト、パンツを脱がしてもらい、
拭いてもらうのも何なので、トップコートが完全に乾くまで我慢我慢。

15分後、CちゃんからOKがでたので、急いでお手洗いへゴー!

そこで思わぬ事件発生。

長い爪って慣れてないから勝手がわからなーい!
ズボンのジッパーも下げれなーい!


石付き立体ネイルなので特にむずかしい。
なんとかようをたして、パンストを上げる時、コトはおこった。
石が引っ掛かってパンストに穴をあけ、右親指のお花の周りを飾っていたちっちゃい銀色仁丹たち(直径0.5m)が、行方不明に(涙)。。。

焦って半泣きのわたしは、こころの広いCちゃんに応急処置(新仁丹埋め込み)をしていただき、ジャケットも着せていただき、定期もカバンから出していただき、ついでに荷物まで持っていただき、駅まで送ってもらいました。

午後11時ごろ、ご帰還。

長い爪って顔を洗うのも、髪を洗うのも、
服を脱ぐのも着るのもとっても不便。

仁丹をかばい過ぎて、指がつりそうでした。

残念ながら、応急処置された仁丹とは縁が無かったようで、
朝起きたら逃げられてましたわい(無念)。


さてさて、
レセプションドリンク会場はアイボウのオフィスに決定しました。
レコードショップ新規オープン前でガンガン工事中ですが。。。

うちっぱなしコンクリ剥き出しのミニマルな空間

なんともウェディングに不釣合いで素敵です(ヤケクソ)。

白いテーブルクロスも無いし、セッティングとかはもうしませんよ。
大きな木のテーブルがあるのでそこに各種飲み物並べちゃいます。

酒と音楽で乗り切ります。ほほほ。

ブーケも電話で予約したし、残るはアイボウの黒靴!

あとなんか忘れてなかったかなぁ~~。

あと2日。。。
[PR]
by jondosh | 2005-04-15 00:02 | WEDDING!

今更ウェデングへの道⑦

月曜日から再々度開始したキャベツスープダイエットは
なんとか三日目を迎えております。

今朝の測定。

初日よりの成果: -1000g

かなり一生懸命ですよ。
結構血眼ですよ。

あらら、気がつけばお式は明々後日!

メモがてら直近の状況を記します。

【式前、オカン&アイボウ父義母の初対面ランチ】

場所:未定(大汗)。
時間:午後1時~
服装:デザイナー友達から頂いた手作りの白ラブリースーツ。


【式】

場所:予約済み。
時間:3時30分~

ウェディングドレス:ギリギリ今日、お直し完成品(のはず)を受け取り(予定)。
ティアラ&ベール:お友達より拝借。
靴:普段にも履けそうな白い夏サンダルを購入。
グローブ:忘れてましたので、「無し」の方向で。
ブーケ:忘れてましたけど、手持ち無沙汰なので「なんとかする」の方向で。

メイク:当日、プロのメイクさん(お友達)に。
ヘア:自分で。
ネイル:今日、ネイリスト勉強中のお友達に。
全身アロママッサージ:明日、アロマ勉強中のお友達に。

アイボウは黒の小じゃれたジャケットに黒ズボン。
薄ピンクのシャツに真紅のネクタイ。

うぉ~っ!!黒い靴が無い事に今気付いた。。。
茶でも良いよね?あかん(汗)?


【レセプションドリンク】

場所:Shoreditch(ロンドン東部飲み屋街)のどこか。。。未定(滝汗)。
時間:午後6時~9時頃
服装:ドレス(裾はピンで上げますバージョン→白ラブリースーツ)。

場所はアイボウ任せです。
「たぶん○○○のバーかうちのオフィス。」

って言うてる場合か~~っ!!!

パーティー案内は近い友達に携帯のテキストメッセージにて。

「土曜日の6時ごろからShoreditchのどっかのバーで。」

前代未聞のいい加減野郎です(涙)。



あと3日。。。
[PR]
by jondosh | 2005-04-13 22:42 | WEDDING!

今更ウェデングへの道⑥

いきなり日程変更!!

やっとこさ決まった日程ですが、あっさり変更いたしました。
大きな理由は↓の2つ!

【1:生理初日の花嫁は危険!】

身体がむくむなんてよりもっと切実な事。。それは憎っくき「生理痛」
生理痛の重い日は、のた打ち回る程つらい。
大声で叫び散らしたくなるほど痛い。

リスクが大きすぎる。

そんな花嫁、イヤやん?



【2:オカンの航空チケット衝動買い!】

もとを正せば、オカン懇願によって勃発した今回のお式騒動なのにも関わらず、

「絶対行くでぇ。」
「やっぱりまた11時間エコノミーはしんどいわぁ。」
「気候もよぅなって、身体もちょっと楽やしやっぱり行こうかなぁ。」
「ビジネス20万やったら行くのになぁ。。」
「1人で11時間も耐えられへんわ。」

なんて意思を三転四転、、、八転くらいした結果、
結局「オカン欠席」で事を運んでおったのに、週末電話で話した辺りから、
「やっぱり行きたいモード」は急上昇していたらしく、
昨日突然、「チケット買いました。」とメールがあった。。。

そのうえ行くと決まったら、俄然大ハリキリの様子。
「せっかくやからウィーンツァーもやろか?」やと。



ってか、「ツァー」ってなんやねん!!!


ってことで、16日に変更いたしましたわ。

あともう一つ決定したこと。。。
[PR]
by jondosh | 2005-03-10 00:34 | WEDDING!

今更ウェデングへの道⑤

ずーっと、放置中のウェディングカテゴリですが、
実は影で準備が進みつつあるのよ。ブフフフ。

まず、

日取り&式場決定!

シリーズ④でお話した通り、長らくA登記所とB登記所の間で翻ろうされておったわけですが、温和なJondoshさんといえども、いい加減堪忍袋の緒が切れました。どちらにも三行半を叩きつけ、C登記所に話を持ってゆきましたところ、とんとん拍子に日にち決定!最初からこっちにすればよかったわってな事で、

4月2日(土)、午後3時よりC登記所にて、
「Renewal of Marriage Vows-結婚宣誓の更新」決行(予定)!!


あらららぁ、もう時間ないじゃーん!


そんなこんなでバタバタしてるうちに、

ウェディングドレス購入!

こっちはタキシードやアイリッシュキルトのレンタルはあっても、
何故かウェディングドレスのレンタルっちゅうのがほとんど無い。

みんな買ったり作ったりするみたい。
一回しか着ないのに40万円~60万円くらいが売れ線らしい。

はぁ~バカバカしい。

シンプルなウェディングドレスならなんでも良い私は、
ネットで「お買い得(激安の意)ウェディングドレス」を発見し、即購入。

先週金曜日、会社に届いちゃいました。

ちょっと早めに帰宅し、こっそり一人で箱を開けてみる。

激安の癖に結構素敵!何だかんだ言いながらやっぱりうれちーっ!

鏡の前ですっぽんぽんになり、さっそく着てみる。

あれっ?よいっとっ。
あれれっ??フンっっっ。
おっこらしょっと、フン~~~っっ!!!




ぎゃぁあぁぁ~~~~っ!
チャックがあがらぁ~~~~んっ(涙)!!




外は雪が舞い散るような激冷えの東ロンドン一室にて、
スッポンポンで汗かきながらドレスと格闘20分。

諦めました。

サイトに載っていた3サイズはちゃんとピッタリンコだったのだが、
まさか反則の背中肉!!!

背中のチャックはアンダーバストの辺りで、ウンともスンとも言いません。


こちらの大きな既製品で、嵌らなかった経験はこれが始めて。
やっぱりショックです(涙)。。。

さっそく問い合わせてみましたが、
これより一つ上のサイズ10は在庫に無く、6週間待ちだとか。。。


残された選択肢
① パメラアンダーソンのように肋骨1本抜く。
② 背中の肉を削る。
③ ドレスを改良する。

一番現実的な②を選ばざるを得ぬな。

という事で、週末から背筋とヨガストレッチ、ダンベルetc、
ネットで調べたありとあらゆる「背中肉取り法」を集中実施中。

背中肉の効果的削除方法おしえてーっ(涙)!!

そんな本日。。。
[PR]
by jondosh | 2005-03-07 23:09 | WEDDING!

今更ウェデングへの道④

はい。

皆様お察しの通り準備全く進んでません(涙)。
3月なんて絶対無理っぽいっす。

それもこれもみ~んな、
このHelplessUK(役立たず王国)のせいだっ!

まず、こちらでの登記所結婚までの道を軽く説明します。

① 住んでいるエリアの登記所へ結婚インタビュー予約。
② 職員とのインタビューの後、結婚要請通知を提出。

※ インタビューの際、どこの登記所で結婚したいかを聞かれる。

③ 結婚要請通知を登記所に15日間の掲示。
④ 希望の登記所で結婚式。

てな感じ、ここで大事なところは手続きをする登記所と、
結婚式を挙げる登記所は同じでなくてもよいってところ。

「わたしのエリアのA登記所は場所柄あまり素敵じゃないので、
お式は美しいWEDDING ROOMで有名なB登記所でしたいなぁ~!」

↑これが出鼻をくじかれる要因になろうとは。。。

うちの場合は結婚歴3年、純粋な初ウェディングでないので、
まず「登記所で結婚式をあげれるのか?」ってことから始まる。

さっそく、B登記所にEmailでお問い合わせ。

「日本で3年前に合法的に結婚しましたんですが、
そちらさんでお式挙げさしてもらえますんでしょうか?」

*一週間経過*

「大丈夫です。
日本で発行された結婚証明書と身分証明書をもって
お近くのエリアの登記所にまずNoticeをだし、
その後こちらで式の日付けを決めましょう。」

ほっほう。
オカンに連絡し、区役所に結婚証明書を取り寄せてもらう。

*一週間経過*

届いた結婚証明書と翻訳を握り締めてA登記所へ。

インタビューには予約が要るというので、
予約が空いている日で一番早い1週間後を予約しトボトボ帰る。

*一週間経過*

予約の日、気を取り直して2人でA登記所へインタビュー。
予定より30分遅れでインタビュースタート。

まず最初に、私たちが日本で既に結婚し3年経つことを伝える。

インタビュアーの顔に影が。。。
一端席を外し、

*30分経過*

帰ってきた。

「えぇ、ヘッドオフィスに聞いてみたところ、あなた達の結婚式は可能だけど、
日本で結婚した記録の上塗りになってしまうけどいいの?
この国での合法的な結婚歴が今度の結婚から始まるという事。」

などど、なんとももっともらしく言いよる。

「これはわたしの提案なんだけど、
Renew Marriage Vows(結婚誓いの更新)ってのはどう?
もっと簡単にどこの登記所でもできるのよ。」

だそうだ。

なので、その日もトボトボ帰宅して、
後日B登記所に「そちらさんでRenew Marriage Vowsしたいねん。」
と電話してみたら。。。

「ここではやってません。」

どないやねん。

なるほど、B登記所のウェブサイトにはこんな記述が。

「この登記所ではRenew Marriage Vowsはできませんが、
既に結婚しているカップルが同じ相手と再度結婚式する事ができます。
その際、元の結婚になんら影響を与えることはありません。」


どどどっ どないやねん!



A登記所とB登記所と言う事ちゃうぅ~~っ!!!
ってか逆ぅ~~~~っ!!


試練はつづく。。。
[PR]
by jondosh | 2005-02-18 22:20 | WEDDING!

今更ウェデングへの道③

さてさて、シリーズ③はいきなり番外編です。

実はわたくし、ウェディングドレスを着るのは今回が初めてじゃなくてよん。
ホホホホォ~~~~!!

******************************************

結婚して1年半、アイボウ同伴の里帰り時、
ワタ○ウェディングの「スタジオお写真パッケージ」で、
ウェディングドレスでのお写真は撮影済みなのだ。

その頃、まだ正装することに対して、納得いかないアイボウだったので、
事実上、当日オカンに嵌められた。

「東京オールナイトどんちゃん騒ぎ」経由で大阪入りした次の朝、
突然、「ワタ○さん、1時に予約してるで。」と知らされたのだ。

怯えて逃亡をはかる恐れのあるアイボウの腕をしっかり掴んで、
昼過ぎ、3人で梅田のスタジオに向かった。

到着後、早速ウェディングドレスを選択。
結構種類はあったが、どれもこれも気に入らん。
しまいには面倒くさくなって、「これでいいわ!」と半ば投げやりに決定。

次、タキシード。
アイボウも諦めて指示に従うが、ものすごく放心状態。
オカンとわたしとワタ○のお姉さんにされるがまま。
それにしても身体が細長いのでサイズがナーイ!

肩幅であわせると七部袖。
袖であわせるとアメフト選手。

なんとか格好のつくシルバーのタキシードを発見し決定。

次はメーク&着替え。
わたしはメーク室に連行され、2人かかりでメーク&ヘアをしてもらう。
感じの良いお姉さん2人で楽しくおしゃべりしてる間に完了。
鏡で見る限り、自分でもビックリするほど、
「かわゆい花嫁さん」に出来上がっておる。

さすがプロ!!!

そして別室で着替えたタキシード姿のアイボウと
廊下で待ってたオカンに感動のご対面。

アイボウの目は潤み、笑顔で「Hello Goregeous」。
オカンはあからさまに感極まって涙ながらに「あんたぁ、きれいやでぇ。」

わたしもちょっとホロっとして一瞬、「バラ珍」な空気が漂った。

ほんでもってやっとこさ写真撮影。

最初は緊張したが、鏡に映った自分を思い出し、
気取って笑顔をつくってみたり、言われるがままにポーズをとってみたり、
ちょっとしたモデル気分で20枚以上撮影。

あとは着替えてデジタル撮影した画像をみせてもらうのを待つのみ。

カメラマンのおったんの奇行や奇声を思い出して、
ぷぷぷっと笑ってる間に、わたしたちの名前が呼ばれた。

緊張しつつ、モニターの前へ。

そっそして、、、映し出された写真に3人とも最初絶句。

オカンが遠慮なく 「ぶっさぁ~っ(不細工の意)!」 と口火を切った。

次々映し出されるわたしの不細工さに
3人揃って椅子から転げ落ちる寸前。

一枚も良い写真がない。

ってかマジで不細工。

どれもこれも、我ながら笑ってしまうほど不細工。

最後らへんになると3人とも逆切れ状態。

「もうええって。いらんいらん。こんな写真いらんわい。」

でもパッケージ料金で一枚ついてくるので仕方なくピックアップ。

「東京24時間不眠のどんちゃんさわぎ」で顔がむくんでいたのは確かだが、

カメラマンのおったん下手くそすぎるわい!!!
(モトがモトなのでしゃーないといえばしゃーないが。。。)

3人肩を落とし、阪急のチャイナグリルシェンロンでラーメン食べて帰ったとさ。

っちゅうことで、あの写真はJondosh実家で門外不出。
無かった事に。。。

封印!!
[PR]
by jondosh | 2005-02-08 20:21 | WEDDING!