2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー

<   2004年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

自分を守る!

今週末、時計の針を1時間遅らせる冬時間の開始。
午後3時から暗くなり、4時には真っ暗。
いよいよ本格的な暗黒の季節の到来です。

太陽が完全に落ちている仕事帰り、
最寄のバス停から家まで公園沿いを競歩で5分、
結構恐怖でございます。

わたくしの住んでおるのはあまり治安のよろしいエリアではございませんが、
高級住宅地でも犯罪はおきる時には起きるのです。
(AbbyRoadスタジオがある高級住宅地にて、友人は2度も携帯略奪にあっております。)
では、どうすれは犯罪の被害者にならずにすむか?

基本中の基本ですが、「個人の警戒」がもっとも重要かと。

そこで私の常に注意しておるポイントを紹介いたします。

【会社帰り】
◎ 基本的に競歩。
◎ 背後に神経集中。
◎ 歩きながら携帯で話さない。(注意散漫の元&携帯の恐喝をまねく)
◎ いざという時の武器になるものを所持。(ワインボトル、辞書、傘)
◎ 道路脇に止めてある車の横は歩かず、反対車線に渡る。

【帰宅が遅くなった場合】
◎ アイボウにバス停まで迎えに来てもらう。
◎ タクシー。

なれた道でも油断は禁物!
「帰りが遅くなった留学生が、駅から家までの道中でレイプされた。」
なんて恐ろしい話を身近に聞きました。

ちょっとしたお金で買える安全もあるのです。

酔っぱらった時とか特に気持ちが大きくなりがちですが、

絶対夜道は一人で歩かない!!!!

これだけは必須です。

こんだけ言ってもタクシー代が出せないという女性諸君!
「カニ歩き」 もしくは 「アホの坂田歩き」 でご帰宅ください。
レイプにあう確立は格段に減少するはず。
[PR]
by jondosh | 2004-10-29 21:50 | MUMBLING

簡単ごはん。

慢性的なネタ不足ゆえ、苦し紛れの投稿でございます。

◎昨日のアイボウごはんの巻◎

先日、大量に作ってしまい、小分け冷凍しておったシーフードピラフに、
豚の角煮を ドドォ~~ン と乗っけてみました。
a0004810_1937586.jpg


ごはんが嫌いなアイボウは、味のついたピラフでもあまりお気に召さぬ様子。
仕方が無いので、角煮の汁を酒で薄めてとろみを付けぶっ掛けてやりました。
(↑の写真は餡かけ前。)

ケッ、面倒くさい野郎だぜ。。。


◎昨日のわたしごはんの巻◎

同じく豚の角煮と野菜を豚の煮汁とコチュジャンで炒めた焼きうどん。
a0004810_19453250.jpg

イメージして作ったものと味がちょっと違うぅ。。。


食いしん坊教訓:豚の角煮とおうどん、別々でよろしい!
[PR]
by jondosh | 2004-10-27 21:12 | FOODS&DRINKS

ブログ病。

<症状>
ブログに書くことが無く、放置が続き焦ってくると、
無難なネタが発生する夢を見る。


昨日は、「サッカーイングランド代表の試合を見に行ったら、
ルーニーが4ゴールを決める。」と言う夢を見た。

夢の中で、必死に写真を撮り、
夢の中で、「しめしめ、ステキなネタが出来た。」と思い、
夢の中で、文章構成を始める。

目が覚めて、ぷしゅぅ~んとなりました。

そして、こんなどうでも良い事でもアップせずにはいられない。

そう、わたしは立派な「ブログ病患者」

なぜ、今サッカーネタなのか。。。
[PR]
by jondosh | 2004-10-26 19:00 | MUMBLING
わたしはオンナのクセに甘いものにさほど興味が無い。
特に洋モノのケーキやクッキーなど。。。
(今は作るのが好きなので食べるには食べる。)

これは乳製品が大嫌いなオカンの影響である。
チビの頃から、家にケーキやクッキーなど無かった。
オカンはちょっとでも「乳臭い」モノは絶対口にしない。
わたしが中学校の修学旅行でお土産に買った抹茶ケーキを、
「クッサッ!!!」っと一蹴、ひと口も喰わなんだ。。。
そう、わたしはこういう経験を幾度と無く積み強く成長したのです(笑)。

という事で、わたしと兄貴のオヤツも実家のお菓子屋さんで扱う、
「おかき」や「京都の桃山饅頭」、そして「焼きイモ」や「蒸かしイモ」。。。
渋すぎる。。。小学生の食べたいものではないな。。。
よく兄貴と内緒で駄菓子屋へ通ったものです。


さて、話はここからが本題。

わたしの記憶の限り、オカンの冬は「イモ」と「餅」が無いと始まらない。
絶対一日一度は「イモ」か「餅」を食べている。

そんなオカンを「イモ喰い婆っさ」「餅喰い婆っさ」と馬鹿にして参りましたが、
最近、年の性か、わたしも無性に「イモ」が喰いたい。

しかし、残念ながらこちらの「イモ」はナオコさんがおっしゃるように、
イモが違う。

SweetPotatoと名乗りながら甘くないし、
水っぽく、色といいニンジンのような味がする。
何度騙された事か。。。

しかし先日会社近くのセインズベリーズで出会ってしまった。
3個パッケージに入った「ニュージーランド産KumaraSweetPotato」。
見た目が日本のサツマイモと同じ!騙されたと思って、購入いたしました。

2.5ポンド(約500円)とイモの分際で結構良いお値段でしたが、
その価値は充分あったのさっっ!!!
a0004810_18494674.jpg

200℃のオーブンに放り込んで50分。ホクホク焼きイモの出来上がりっ!

うまいっ!!!

出会いから1週間ちょっと、毎日1本食べてます。


これでわたしも立派な「イモ喰い婆っさ」。
[PR]
by jondosh | 2004-10-22 19:01 | FOODS&DRINKS

とっさの一言。

みなさんはこんな時、なんと発声しますか?

① お風呂に足を入れたら、熱湯だった。
② 冬の朝、顔を洗おうと蛇口をひねったら氷水が飛び出した。

【日本人模範解答】
①「あつっっっ!!」または「あちっっっ!!!」
②「つめたっっっ!!」
①②、どちらとも超高速で口走ります。

【英語圏ピーポーの解答】
①②、どちらも「Aww!」「Ouch!」。
直訳すれば「いたっ!!」なわけです。
熱かろうが、冷たかろうが、
皮膚に刺激のあるものは全て「いたっ!!!」
決してとっさに「Hot!」「Cold!」などとは言いません。

それがどうした、なんて言わないでぇ。。。
ただそれだけの事。。。

【強引にエクザンプル紹介】
アイボウの数少ない日本語ボキャブラリーの一つに、
わたしの口真似から覚えた、「いたっ!」も含まれております。

ある日、皿洗いをしているアイボウが突然、
いたっ!!スゥッ(息を吸い込む音)」っと叫んだ。

指でも切ったのかと思ったら、単にお湯が熱かったらしい。

そういう時は「いたっ!」じゃなくて「あつっ!」なのっ!
って説明しても元々そういった概念が無いので「?」な顔をしおる。

なんだか、ムズムズする。

もういいっ!全部、「Aw!」って言ってくれっ!!


そうよ、ただそれだけの事。。。
[PR]
by jondosh | 2004-10-20 22:03 | MUMBLING
パリ旅行、すでにはるか昔のことのよう。
もうどうでも良いような気もしないでは無いのですが、
いったん始めてしまったので、忘れぬうちに一応続けてみます。

おのぼりさんランチの後、日曜日でお店が殆どお休みで閑散としたパリを、
歩きに歩きに歩き倒しました。

どれだけ歩いたかって?

3時間だよ。休憩無しで3時間だよ。。。


2時間歩いたあたりから、小粋なカフェを探して、
あても無くさ迷っていたわけですが、こういう時には決まって見つからない。

結局デパートプランタンのカフェに辿り着いた頃、わたしは終始無言。
ペリエを一気のみして、ぼぉーっ。
ほんでから、またホテルまで歩いて帰った。。。

「もう一歩も歩きたくないっ!」
ってのが本音でしたが、ここは旅行先。
ディナーをその辺で済ますなんて、
食いしん坊Jondoshに耐えられるわけも無く。。。

ボロボロの体に鞭打ってまた出かけました!
目指すはカキ。。。ふふふ。

a0004810_19483128.jpg←【店先】
Abbesses駅から徒歩ちょっと、初日散策時に見つけたカキレストラン。(っちゅうことで名前も住所もわからんっす。)

入ってみると地元民であふれ返っており良い感じ。
「Smoking or Non-Smoking?」って聞かれて、
「Non-Smoking」って答えたつもりが、
案内されたのはSmokingとNon-Smokingの狭間。
どっちかといったらSmokingAreaでした。。。通じなかったん(涙)。

私は「エスカルゴ」、「カキ盛り合わせ」、白ワインハーフボトル。
a0004810_1959869.jpga0004810_19592484.jpg

アイボウは「ポートワイン入り丸ごとメロン」、「鴨サラダ」、赤グラスワイン。
a0004810_201141.jpga0004810_2011860.jpg


:感想:
エスカルゴはロンドンで食べたのに比べて臭みがなく、随分美味しかった。
カキは美味しい。。。美味しいんだけど。。。(沈黙)
激しい感動は無し。日本で食べた広島生ガキの方が好みですな。
ガックリンコ。

生アサリはコリコリとなんちゃってアワビな食感。
大変おいしゅうございました。

メロンの中のポートワイン、わたしもアイボウも苦手。
しかし何故か、頼んでしまったアイボウを助けるために、わたしは飲んだ。
メロン風味のジュースっぽくって難なくフィニート。
鴨サラダコメント無し。食べてないもん。

っちゅうことでこちらはさらっと終了。

その後は生ガキの消毒も兼ねて、飲むぞぉ~っ!
って毎晩じゃん(汗)!!

a0004810_20525088.jpg【夜のピンぼけモンマルトル】→

2件目は落ち着いた感じのオサレバーで、
白ワインのハーフボトルをアイボウとシェア。

次、3軒目の若い系のカフェバーで、
わたしまだ白ワイン、アイボウはモヒート。

良い感じのほろ酔いで店を出て、
ホテルへ引上げがてら、まだ賑やかな夜のエロ街を散策中、

おっ?!まだ営業してる怪しげな日本食発見っ!!
小腹もすいてきたところだったので(オイオイっ)、
騙されたとおもって入ってみた。

アサヒビール&サーモンとマグロの細巻&焼鳥盛り合わせ◎
a0004810_2181190.jpga0004810_2184440.jpga0004810_2193621.jpg
なんちゃって日本人のお姉さんが、細巻きを頬張るわたし達に、
追加注文で「白ご飯と味噌汁はいかが?」と盛んに進めてくること以外は、
なんら問題もなく、無難な海外の日本食であった。

Pinkyちゃんの提言(生ガキ消毒法)をフト思い出し、
日本茶を追加注文して、お会計35ユーロ。
こんなもんたい。

ってか、うちらカップル、ロンドンでもパリでもやること一緒すぎる。

ハシゴマシーンッ!!

つづく。。。

PS:
次の日の朝4時頃、わたしは想像妊娠、否、「想像食中毒」に襲われた。
以前経験した食中毒初期症状とただのお腹のゴロゴロを重ねてしまい、
「来るっ来るっ!また絶対来るっ!」って恐怖で一人寝返り三昧。
まんじりともせず朝を迎えたが、勘違いでした。。。ほっ。小心者。。。
[PR]
by jondosh | 2004-10-19 21:28 | HOLIDAY!

オフ会報告。

今日は「つれづれパリィ♪」はちょっと休憩いたしまして、

Kanaさんの 初参加☆blog off会 in London! に一足遅れて、
人生3回目のオフ会報告をさせていただきまっす。

そうよ!ついに会いましたことよっ!
海外ブロガー主席の一人、Yukunさんに!!!
想像通りのお兄ちゃんでした。
最初、ちょっと緊張しましたが、お喋りしているうちに、
長年の友達のようなフィーリングがふつふつと。
おもろい!!もっと遊びたい!!是非また会いたい!!!
次回はバンクーバーで日本食三昧ですな。
えっ?イヤだって?逃しませんよ。。。ふふふ。

ほんでから、
ナースでF1狂のKanaさんはロンドンからちょっと離れた港町からの参加っ!
最初から飲みだと勘違いしていたKanaさんは、マクドを片手に準備万端!
「今からランチよ!」と焦るわたしに、「あぁ大丈夫、まだまだ入るから!」と
サラッとおっしゃった。そしてその言葉どおり、2コースミールを完食した。
細いのに良く食べらっしゃる。。。
結局KanaさんとはDinnerまでご一緒したので、たくさんお話ができました。
彼女も酒豪らしく、今度は泊まりで腰すえて飲まねばねっ!

ほんでもって、
ロンドンブログ界の新星MimiwawaさんとBFのバニーさんに!
大阪出身に見えない上品さ、可憐さをもち備えた才女ですな。
関係ないですが、わたしの友達にソックリ。。
今回は大所帯だったので、じっくりお話できなかったのがとても残念だわ。
いつかリベンジさせていただきたいです。
バニーさんは、Mimiwawaさんにぴったりの落ち着いた紳士。
セクスィーなバリトンボイスで、話題に事欠かない素敵な方です。
でも角を直角に曲がるところや、男性で珍しく傘を持ち歩くなど、
結構おもしろキャラ!?(Mimiwawaさん、失敬!)



今回のオフ会もあっちゅうまに時は過ぎ、
お別れするのがとってもさびちかったです。

参加された皆様、こんな若輩者のわたくしに、
暖かく接してくださってありがとうございました。
本当に楽しかったです。是非また会えますように。。。

これだからブログはやめられまへん。


PS
結局、Kanaさんとお別れしてから、
アイボウと2件はしごし、帰宅は午前様でした。
我ながら「良くやるなぁ。。。」なんて関心してしまいます。

[PR]
by jondosh | 2004-10-18 02:22 | MUMBLING
2日目もあいにくのお天気で雨しっとり。。。

たった2泊3日なのに、とにかく名所は押さえねばっ!
なんて貧乏性丸出しで歩き倒しました。

ホテルからメトロで凱旋門へっ!
シャンゼリゼ通りをちょっと下って、右折しエッフェル塔へっ!


    <シャンゼリゼ通り>          <エッフェル塔のパンチラ>
a0004810_2016414.jpga0004810_20174271.jpg

でも何処に行っても長蛇の列で雨の中並ぶなんてイヤイヤっ!
行く先々で証明写真をとって終了。まるでスタンプラリーのようですな。

エッフェル塔、エレベーターの列は長蛇でしたが、階段の列は極短。
アイボウが「登ろうよっ!」っというのを軽く無視し、

お待たせしました。
パリ第二日目、次のプログラムはランチです。


向かったのはこれまたわたくしが調べアイボウが予約した、
タワー・モンパルナス56階のレストラン「ル・シエル・ドゥ・パリ」。

専用の高速エレベーターで30秒、降り立ったレストランの入り口は、
高級感があり、おっと、ジーパンTシャツ姿のわたくしはかなり場違い??
ゲッソリ。。。

a0004810_2075887.jpgでもいったん中に入ってみると、
もっとあからさまなおのぼりさん(56階だけにね)が、わんさか。

案内されたのは曇り空にも、
パリの町が一望できるとっても素敵なお席。

前夜の遅い食事で、まだお腹がもったりのわたくし達は、残念ながらコースミールはちょっと無理っぽい。。。
っちゅうことで、食前酒とメインと赤ワインのボトルを頼みました。
やっぱり昼間から飲みが中心なのか。。。

a0004810_2054336.jpgアイボウはラムステーキ。
ステキなお皿に斬新に盛り付けられたラムチョップは、ピンク色の程よい焼き加減で、ソースもゴージャス。超美味っす!
a0004810_206208.jpg英語メニューに安心し、「鴨」「フォアグラ」という文字に反応してしまったわたくしは、ちゃんと読むこともせず即決定。
しかし、運ばれてきたのはパイだった。。。待ち構えていたものとかなり様子が違った。。。



味がとにかく濃く、フォアグラなのか鴨なのか、
はたまたBistoグレービーなのかよくわからん!!

ひと口食べたアイボウは、
「Tescoバリュー(スーパーの激安品)のステーキ&キドニーパイ?」
なんて心無い事をぬかしよる(涙)。

「いいもん。おいしいもん(涙)。」とゆっくり景色を長めなら、
ワインをクピクピ飲みながら3分の2ほど食べました。

ランチにしては結構なお値段を支払いましたが、あのラムと景色なら納得。
(すでにあのパイは無かった事に。。。)

今度はドレスアップして夜景を眺めながら、ディナーを頂きたいなっ!

:お店詳細:
Le ciel de Paris
Tour Maine Montparnasse 56F
33, avenue du Maine 15e
Tel: 01 40 64 77 64
Metro: Montparnasse Bienvenue

a0004810_21211537.jpg最後にパリ散歩中に見つけた
面白看板→

高知は焼いたらイカンッ!

つづく。。。
[PR]
by jondosh | 2004-10-15 21:27 | HOLIDAY!
アイボウを無事保護した後Pailletteさんと慌しくお別れし、
午後8時半に予約したレストランに大急ぎでゴーッ!!
ってかこの時点で午後9時前。。。パリに来てまでドタバタです。

パリのメトロ(地下鉄)はロンドンのソレとは違い、とってもスムーズ。
駅の間隔も短いのであっという間にレストランのあるアベス駅に到着。

すっかり酔いが覚めて、自分の失態を平謝りするアイボウを無視しつつ、
ついたレストランの素敵なこと!!!(私がネットで探し、アイボウが予約。)
さっきまでムッスゥ~~~~~~としていたわたくしも、コロリと上機嫌!

アイボウの大好きなゆるめのハウスミュージックが静かに流れる
暗い店内にわずかの照明と蝋燭の灯り、
ゴージャズなソファーにフカフカクッションととってもオサレで暖かい雰囲気。

アイボウがめちゃくちゃなフランス語で「遅れてすまぬ。」
というむねを伝え、午後9時半無事席につくことができました。

うおぉっ。当たり前ですがメニューフランス語。。。
こちらのお店の親切でとびっきりキュートなギャルソンは、
すごくがんばって私達の英語または意味不明なんちゃてフランス語を
理解しようと試みてくれるのだけど、なかなか通じない。

えーいっ!しょうがない!
勘だっ!勘で決めてやるっ!


前菜:2人とも前菜は何とか理解できたモノを。
アイボウ=「鴨パテのサラダ」
私=「キノコソテー」

メイン:アイボウはメニューにチョリソーの文字を発見し決定。私は
アイボウ=「チョリソーが突き刺さっている白身魚」
私=「なにやらとっても美味しい鳥」

a0004810_20475873.jpgデザート:これは読めました。
アイボウ=「チーズケーキ」
私=「アップルタルト」

店内がとっても暗いうえ、オサレで素敵なのでフラッシュをたくのは無理。ナイトモードで必死に撮影いたしましたが、チーズケーキ以外ことごとく真っ黒(涙)。ごめりん。

:総評:
ひと口ひと口、いちいち激ウマ!!!

私の頂いた鳥(何鳥だったのだろう)なんて、
あまりの美味しさに「まいっちんぐっ!」ですよ。
それに甘いものにはそんなに興味の無い私でも、
あのアップルタルトには引っくり返るほどの衝撃を受けました。

最後に店長さんと思しき方から、
喉の焼けるようなきっつぅ~い食後酒をサービスしていただき、
お腹満腹の大満足でレストランを後にしましたとさ。。。

メニューのフランス語くらい読めるようになってからまた行きたいです!

:お店詳細:
Doudingue
24, rue Durantin 75018
Tel : 01 42 54 88 08
Metro:Abbesses


フランスに引き分けで大フィーバー!
エロ街にあふれかえったアイリッシュの写真と共にお別れ致します。

さよなら!さよなら!さよならっ!
a0004810_21162364.jpga0004810_21164184.jpga0004810_21191763.jpg

つづく。。。
[PR]
by jondosh | 2004-10-14 21:22 | HOLIDAY!
サクレクール寺院からパリを一望する眺めを満喫し
すこしうろうろすると、お腹が減ってきた。

ランチィ~~~~!

アイボウの尿意のため、レストランを吟味することなく、
適当に観光客目当てっぽい英語メニューのあるカフェへ。

a0004810_22112443.jpg欲張りのわたくしはツナとチーズと
卵入りのクレープをいただきました。
評価=可もなく不可もなく。
たかがクレープ、激ウマなわけはない。
結構ボリュームがあって短調な味に中だるみですな。わたくしとした事が3分の1ほど残してしまいました。

パリ初の食事を無難にやり過ごし、モンマルトルの散策再開。

お天気はあいにくの霧雨でしたが趣のある坂道に、
可愛らしいお店が点在し、とってもロマンチック。

似顔絵書きが盛んに日本語で引き止めてくるのを巧妙にかわし、
テルトル広場をあとにして、いったんホテルに戻り休憩。

おっと気がついたら2人とも眠ってしまっておったわい。。いかんいかん。

急いでしたくし、今回のパリィ、メインイベントへ向けメトロで別々の方向へ!

◎わたくし◎ 「きらきら☆フランス暮らし」のpailletteさんとぷちオフ会!
◎アイボウ◎ ネットで調べたイングリッシュパブへサッカー観戦!

待ち合わせ場所にいらっしゃったPailletteさんは小さくって可愛らしくって
初対面なのに、思わず「手乗り文鳥みたいですね。」って言っちゃいました。

こんなバカ者のわたくしを笑って許してくださり、
その上、とっても素敵な、いかにもパリィっぽいカフェ(?!)に
連れて行ってくださいました。        (↓とっても素敵なテーブル!)
a0004810_22541363.jpga0004810_22543359.jpg
a0004810_22544827.jpga0004810_2255616.jpg

お酒を呑まれないPailletteさんはチーズケーキと紅茶。
わたくしは一人でキリリと冷えた白ワインをハーフボトルで頂きました。
あまりに飲みやすいのでグイグイいった上、
グラスでおかわりしちゃいました。うふふふ。
もちろん全てオーダーはPailletteさんにお任せ。
そこは大阪人の性、フランス語を喋られるとベタに反応してしまいます。

かっこいいぃ~わぁ~~。うっとり♡

ご主人との出会い、パリでの生活、好きな男性のタイプ等々。。。
まったく初めて会った気がせず、しゃべり倒してしまいました。

あれっ?気がつけば、サッカーの試合はとっくに終っている時間。
アイボウからあるはずの連絡がない。。。とっても嫌な予感。

電話してみると、「今ぁ?エッフェル塔!!」っとご機嫌なお答え。

「はぁ??ゲームが終ったら、こっちに私をむかえに来て、
一緒にディナーに行くはずだったじゃん!」


イングランドの勝利に気を良くしたアイボウは一人でお散歩を始めてしまった。
<アイボウの弁解>
パブで知り合った英人がパイントを一緒に買ってくれたので、
そこは英人の礼儀で次は買い返さねば(ラウンド制)!
っと思ってもあと10分でゲームが終る。
ってことで、アイボウはパイント(540ml)をグビグビ飲み干し、
ゲーム内に見事ラウンド義務を果たしたのだそうです。

結局空きっ腹に4パイント飲んで酔っ払い、
出ましたっ!必殺技 「徒歩」っっ!

こうなったら埒があきません。
何処まででも歩いていこうとします。

その上、なんど説明してもフランス語の地名が上手く伝わらず、
結局モンパルナスの駅で立ち往生しているところを、
タクシーで駆けつけたPailletteさんとわたくしに無事捕獲されました。

本当に情けないったらないです。
初対面の素敵なPailletteさんに、めたくた恥かしいところを見せてしもうた。

Paillette様。
大変ご迷惑をお掛けいたしました。
ごめんなさい。そしてありがとうございました。
今度はロンドンで是非っ!!


つづく。。。
[PR]
by jondosh | 2004-10-13 23:44 | HOLIDAY!