2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お知らせ。

2週間ほど前に2周年を迎えた「つれづれロンドン」ですが、
臨時休業に入ります。

期間は2日~5年(ひろっ!!)と未定です。
理由は秘密。

常々放置プレーの多いこのブログなので、そんな大差ありませんが、
見捨てずにちょくちょく覗いてくださってるかたがた、
不義理なJondoshで大変申し訳ございませぬ。


らぶ。

Jondosh
[PR]
by jondosh | 2006-02-17 00:59 | MUMBLING

友の力。

土曜日は久々に仲良し4人組(全員15年近い付き合い)で、居酒屋集合。

まずビールで乾杯!!
こちらは庶民的な居酒屋なのですが、やはりお値段は日本の倍。
チュウハイの癖に4.5ポンド(約900円)もするので、
えーいっ!!いいちこボトルでもってこーいっ!!
(今回の里帰りでやっと焼酎が呑めるようになった“にわか焼酎ラバー”なわたし)

お年頃の酒好きコテコテなにわ女が4人も集まると、どんどん笑いがエスカレート。腹がちぎれるかと思うほど笑いました。

あっちゅーまにボトルも無くなり、
おなかもポンポンになったのでお会計して次へゴーッ!

オサレなしっとり系バーラウンジへ落ち着き、ふかふかソファーに腰をおろした瞬間、突然隣のテーブルのヨーロピアン♂がこちらに突進してきました。

「君ら、に、にほんじん??どっ、どこ出身???ひっく。」

(もーーっ、だるいなぁー。)

相当ご機嫌さんな雰囲気だったし、当然ナンパだとおもうっしょ?

わたしの真横に跪いていたので、代表して「大阪」と無愛想に答えたところ、

「はぁ~よかった。僕ねぇ、大阪で3ヶ月仕事してたんやけど、1個ジョークしってるねん。」

(はいはい。どうせつまらんねやろけど一応聞いたろ。)

っと思って4人で彼の顔に注目した瞬間、アクション付きで元気良く、


「眉毛ボーーーーンッッ!!!」


まっまさか、そう来るとわ。。。

悔しいけど4人とも一気に噴出しちゃったわい。
ほんまに彼の眉毛、相当ふっといねんもん。反則やわっ!

その彼は「ほらっ!おもろいやろ?!」っと満足げにフラフラ自分の席に戻りましたとさ。


そのバーでもガールズナイトは大フィーバー。
お互いのパートナーの話から、家庭の悩み事、恋愛から思い出話、
やっぱり一緒にいる時間はものすごいたのしーっ!!

ココで止めておけばよいものの。。。
赤ワインを2本フィニッシュして、次へゴーーッッ!!!

次の店を探して散々フラフラした挙句、日系バーへ落ち着く。
そこには昔のお知りあいも偶然居合わせ、ボルテージ再上昇。

飲み物をウォッカトニックに持ち替え、グビグビグビグビ。
もう、こうなると無敵。
2杯目からの記憶がなーいっっ!!!!


どうも午前4時前に帰宅したもよう。
酒臭いわたしを避けてアイボウ再びソファーでご就寝。

またやっちゃいました。
こんな極妻ですんません。

里帰りの後、ここ1ヶ月、精神的にクサクサしてたので、久しぶりにしんから心の許せる友達とはしゃげて気持ちがスカっと晴れました。

やっぱりもつべき物は友やね。

めちゃくちゃ楽しかったーっっ!!
このブログ知ってるのCちゃんだけやけど、叫びたい。

みんなー大すきー!!!これからも末永くよろしくーーっ!!

[PR]
by jondosh | 2006-02-14 00:35 | FOODS&DRINKS
ぎゃーっっ!!!

Foo Fightersが今年6月17日、ハイドパークで6万人規模のコンサート開催!

遠足@USAで遅ればせながら惚れこんだグロール兄貴にまた会えるっ(涙)!

メーリングリスト参加者特典で即チケット購入。

開演は午後4時とな。
ミニフェスティバル形式とな。
既に英メタル長老のMotorheadが前座に決まっておるとな。
前座は今後続々と発表されるとな。

前座は今後続々と発表されるとな。。

前座は今後続々と発表されるとな。。。。。


・・・・・・


今年は無く子も黙るワールドカップイヤー。
サッカー狂、4年に一度のお祭。
開催はお隣(とあえて言ってみた)のドイツ。

そこで一筋の光がキラン。


リヴァースよ、また社用使ってサッカー見にくるんじゃないのぉ??
(参照:Weezer Japan World Cup '02 Tour


このFoo Fightersの前座ってのは、ちょっと無さそうだけど、
6月、7月ヨーロッパ各地で開催されるロックフェスティバルの数々。



に、におう。


また海渡っちゃいましょうか?遠足しちゃいましょうか(笑)?

この際、Weezer学名誉教授目指す覚悟で(爆)。
[PR]
by jondosh | 2006-02-09 22:47 | MUSIC&DANCE!

デンマーク人の呪い。

朝、珍しくむしょうに甘いものが食べたくなった。

カプチーノとレーズン入りのまきまきデニッシュを買ってきた。

「うん、うんまい。」

もぐもぐ、もぐもぐ、、、、ガヂッ

???

何かものすごーーく硬いレーズンが。。。

こっそり、ペッとナプキンの上に出してみる。


「えっっ?なにこれ?誰の銀歯??」


人間は咄嗟に面白い事を考えるものだ。

わたしは、瞬間的にデニッシュに誰かの詰め物が混入していたのだと信じた愚か者。なんなら、次の瞬間、「この銀歯だれのやーっ!」とキャンティーンに苦情を言いに行かなきゃ。なんてことも頭を過ぎった。

「んなアホな。」
「ってか、わたしのんちゃうん?」


と思い返し、もぐもぐしていた残りのデニッシュをカプチーノで押し流し、舌で疑わしき場所を探ってみる。。。

案の定、そちらにはポッカリ穴が空いていた。

んもーーーーっっ!
滅多に食べないデ二ッシュでかぶせ銀歯とれたーーっ!


相当打ちひしがれていると、横の米人♂が、

「デニッシュで詰め物取れるってのは良くある事やねんでぇ。
デンマーク人の呪いらしいでぇ。

とまことしやかに教えてくれた。

呪われるほど食べてません(涙)。


しょぼぼぉーーーん。


そういえばポロっと取れた詰め物をアロンアルファでつけた友達がいたが、
その後のどうなったのだろう。。。とっても気になる。
[PR]
by jondosh | 2006-02-07 20:24 | MUMBLING

合わない。

合う人と合わない人って初対面でピンと来るもの。

「いや、もしかしたら合うかも?」

ってセカンドチャンスを作っても、合わないものは合わない。

どうがんばっても合わない。

とってもいい子だとわかっていても。

居心地が悪い。

呼吸の感覚が合わないのだ。

大人げないけど合わないものは合わない。
[PR]
by jondosh | 2006-02-07 02:03 | MUMBLING

芽キャベツ。

わたしは大変目覚めが悪い。

毎朝、「今日は会社から帰ったら速攻布団に入ってやる。」
「土日はお昼まで寝てやる。」と誓う。

しかし、週末でも習慣で7時には目が覚める。
がんばってもう一度寝てもやっぱり「週末限定躁病」なのか、
8時半にはガバっと飛び起きてお布団のシーツをお洗濯っ!
掃除機をウィーーーンとかけて、仕上げにそこいら中拭き掃除。

アイボウはとんだ迷惑。

しかしここはボーっとしたというか、良く飼いならされたアイボウ。
一緒に掃除するフリをする。

11時頃、ブランチを済ませて向かうは近所のブロードウェイマーケット
毎週土曜日、恒例の食料調達。

皆、ズタ袋を持参し、新鮮なお野菜、果物、オーガニックのお肉、チーズ、焼きたてのパンなどを買い求める。活気にあふれるこのマーケットがわたし達夫婦は大好きだ。

締めくくりに美味しいカプチーノを飲んで、
両手に一杯の食料と共に家路についてもまだ午後1時。
ほら、さっさとしないと、こっちの冬の日照時間て激短だし。
でも、なんか得した感じ。
週末の早起きってステキング。

先週末、まず産地直送野菜と果物のストールの列に2人で並んだ。
普段、わたしが買出し&おしゃべり担当でアイボウは荷物持ち。

やっとわたしの番が来た。
目の前の野菜をジローっと見回しながら、

「OK、ニューポテトを半キロ、ニンジン半キロ、むーーーっ、このブロッコリーとぉ、タマネギ大きいの4つとぉ、えーーーっと。。」

(鍋するんやったらリークも買っといたほうがいいかなぁ。)

なんて考えてたら、突如後ろのアイボウが口を開いた。

「めっ、芽キャベツ下さい!!」


マーケットのおっちゃん:「どんだけ?」

アイボウ:「・・・・・7つ下さいっっ!!」

マーケットのおっちゃん&わたし:「7つて。」

マーケットのおっちゃんは笑いながら7つを袋に入れて計り売りしてくれた。


すぐ傷むし、わたしが特に好きでないので、
殆ど我が家の食卓に登場しない芽キャベツ。

食に興味がなく、出されたものを何でも「おいしぃ!」と言って食べるアイボウ。

普段献立に口を挟まない彼が、マーケットで突如叫んだ「芽キャベツ7つ」。

そうか、そんなに芽キャベツが食べたかったんか。。。
ごめんよ、気付いてあげられなくて(爆)。


日曜日のローストディナー、
アイボウのお皿には蒸した7つの芽キャベツがゴロンゴロンと。

満足げに「うまーーいっ!」と言いながら食べるアイボウを見ながら、
ふと、「ってかこの金髪、何者?!」なんて思いが過ぎる結婚5年目。
[PR]
by jondosh | 2006-02-02 23:44 | MUMBLING