2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ロンドンの秋って嫌い。
日に日に日が短くなって、朝から晩まで太陽は厚い雲に隠れっぱなし。
きたる暗黒の冬に向けて気分がどんどん落ち込みがち。

そんな時は家でおとなしくYOUTUBE(爆)!!

テレビ収録ライブから3日たった昨日の夜、ふと思い立ってTheBluetonesのPVを検索!

Bluetonic

ザワザワザワザワワワワワワァ~~!!

一体なんだーーーっ?!このこみ上げる気持ちわぁ~~!

人生のなかで一番音楽に没頭してた時期に発売されたBluetonesのデビューアルバム
当時ロック系クラブで必ずかかったSlightReturn
95年、人生初の海外ミュージックフェスティバル(T in the park@グラスゴー)、1列目で見たバンド(ちなみにこの時、ポールウェラー、テラービジョン、エラスティカ、メンズウェア、キャスト、スーパーグラス、パウダーを見た。ってか見すぎ、さすが若いってステキ!)。

特別思い入れのあるアルバムじゃなかったので、あの時期以来一度も聴き返さなかったもんだから、PVのイントロが流れた瞬間、10年前に埋めたタイムカプセルが開いたような、なんとも言えない懐かしい甘い青い思いが湧き出して、ワーーーンッ!と声をあげて泣いてしまった。

当時好きだった子とのロッククラブでのウブな駆け引き。
友達とのつまらない相違で眠れないほど悩んだ夜。

脳内センチメンタルジャーニー!!

VIVA YOUTUBE!!
[PR]
by jondosh | 2006-09-28 22:09 | MUSIC&DANCE!

テレビ収録見学、再び。

今週月曜日、またまたテレビ収録ライブへ行って来た。

今回は前回に比べると一般的には派手さに欠けるラインナップ。

1組目:CORD
2組目:女性ボーカルのソウル系バンド(名前を失念)


久々に会う友達とバー前のソファでビールのみながら談笑してますた。失敬。

3組目:The Bluetones
うぉっ!懐かしいっ!
わたしのBluetonesは97年くらいで終わってますた。まだやってたのね。
この日プレイしたのは、多分新曲(アルバムは1枚目しかもってないので自信なし)。
キュートでどこかしこアンニュイな絶品のメロディーセンスは相変わらす。

4組目:Juliet and The Licks
正直一番興奮したわい。
だって、わたくしJulietの映画全盛期育ちなんだもーん。
最前列で大はしゃぎ。こんな近くで彼女を拝めるとはっっ!

うわーっ、この唇でおっそろしいデニーロの指なめたんやぁ~(ケープ・フィアー)。
この人が、腋毛ボーボーでミュージッククリップでてたんやぁ~(誰のか忘れた)。

ってか、どこのロックスターよりもロックスター然としておる。
舞台栄えする動きっ!さすが役者さんだなとっ!!
途中で、ロックスターを演じておるのか、生まれ持ってのロックチックなのかと言うところに疑問を感じながらも、大ハッスルさせていただきますた。


はーたのしかった。
また当たらんかなーっっ!
[PR]
by jondosh | 2006-09-28 21:29 | MUSIC&DANCE!

最近の出来事。

◎ 人生初の全身麻酔をしました
チクっと注射されて、ものの3秒でスコォーンと落ちました。
結構気持ちい良かったです(爆)。


◎ YouTubeにはまってます 
たいした事じゃないのに、一応全身麻酔なので術後1週間自宅療養してました。
ってことで一日中Youtube見てました。

もちろんお笑い(ダウンタウン)。

海外生活者になんとも便利な世の中になりましたね。
日系ケーブルテレビ会社に馬鹿馬鹿しいお金はらわずして、
日本のお笑い番組がどんどん見れるっ!!

病欠のはずが、家で一日笑い転げてました。むふふ。


◎ オカンが再来週からやってきます
滞在期間は約2週間(大汗)。
途中、一緒にウィーン&プラハへ4泊5日でまいります。
今から、なんともかんとも大変気が重いです。


◎ お正月は今年も日本に里帰りします
うっきゃーっっっ!!!!
最高にたのすぃみぃーーーっっ!!
[PR]
by jondosh | 2006-09-27 21:43 | MUMBLING

テレビ収録見学。

大昔の話をしてもよかですか?

時は遡り9月上旬、ロック好きの弟子を誘って、ウェブ抽選で当たったテレビ収録ライブに行って来た。

事前に出演アーティストは知らされないドキドキワクワクライブ。

7時開場で、6時過ぎに到着してみると凄まじい長蛇の列!
じぃーーっと待ってる間に、永遠出演アーティスト予想。

わたし:「猿(ArcticMonkeys)がいいっっ!!」
弟子:「猿は無理っしょ。」
わたし:「これだけ並ばされて、McFlyとかだったら消火器ぶちまくよ。」
弟子:「McFlyはないっしょ。でも、一生見る機会無いし、なにげにうれしいっす。」
わたし:「やっぱり猿がいいっ!!」

並び始めて1時間半、予想アーティスト名も出尽くし会話もポツポツっとなった頃にやっとこさご入場!!!イエイイエイ!!

a0004810_2136072.jpg1組目はなななんとベックだーっ!

残念ながら並んでるうちにセットは始まっており、最後の3曲しか見れなかったけど。。。

ライブ見るの約10年ぶりだーっっ!
顔かわらなーいっ!相変わらず、まんまるピンクほっぺの赤ちゃん顔ね。

バンドミニチュアパペットもいい味だしてる!!ってかほしぃー!!それにしても彼の人気ってこちゃらで結構地味なのよねぇ。大人向け、コア向け、アート向けってな感じ。今は、本国や日本でもそうなのかしら。


ながーーーいセットチェンジの末の登場はKasabian!!
ごく最近までじぇーんじぇん興味なかったのだが、ボーカルとギターのインタビューをたまたまテレビで見て、不覚にもボーカルにキュンとなってしまったのさ。

a0004810_2145881.jpg←この人。ルックス自体、そこらへんにゴロゴロ転がってそうで大したこと無いのに、なぜかツボを刺激するこのニヤニヤ顔。この根ババ(根性ババ色の意)っぽい生意気な雰囲気がヨシ。ヤツが幾つなのかは知らないが、きっと年上のお姉さまが好きそうなところもグッド(爆)。

問題は音にググググっとこないところだったんだよねぇ。ショーンライダーみたいなバカっぽい歌い方はどちらかというと嫌いなタイプ。
あれま、本末転倒。

ところが、ライブパフォーマンスを始めて見てみて、これが意外にもアグレッシブでなかなかステキングだったわけさ。単独もまだチケットありそうだし行ってみようかなぁ、なんて思ったら会場は馬鹿でかいアリーナとな。

一気に意気消沈。残念無念。


さて3組目、またまた豪華絢爛。
なんとKillersで〆!!
新曲を3~4曲披露したのち、ヒットシングル「Mr.Brightside」で締めくくり、観客一致団結で大盛り上がり。新曲は1枚目の中にもしっくり組み込まれそうな感じ。要するにキラキラピコピコ歌謡曲風(注:決してネガティブな意味じゃないぞ!)な路線を続行しとる感じ。

a0004810_23262396.jpg個人的にボーカルの髭面がインチキマジシャンみたいで残念。

(→この写真は登山家のピアノ発表会風)



まま、ただでこれだけの面子を見れたのは相当ラッキーだったなと。

久々に「ビバ、ロンドン!!」な気持ちになった夜ですた。
[PR]
by jondosh | 2006-09-26 23:28 | MUMBLING

靴修理[続き]

の続き。

やっぱり、どうしても修理したい。
でも47.5ポンドは誰に聞いてもおかしいって言う。

ってことで
万が一25ポンド(5千円)程度なら修理に出そうと心に決めて、
会社帰りに違う修理屋さんに診断願った。


そしたら意外にも意外、

16ポンドだね。」ですって。


一見目の見積もりの3分の1かよ!

ロンドン靴修理事情恐るべし。

言い値でっせ、奥さん。
[PR]
by jondosh | 2006-09-07 22:59 | MUMBLING

靴修理

最近、こちゃらはすっかりブーツの季節。


去年の秋、NYで買ったお気に入りのブーツ。

がっちりヒールの茶色いウエスタン風ハーフブーツ。
200ドルくらいだったのに頑丈で皮の質もよく、とにかく歩きやすくて、見た目もロック。

ジーンズタックインしてもスカートとあわせてもベリベリナイス。

去年の冬には大変お世話になりました。




てことで、このラブラブブーツを今年も引っ張り出してきたわけです。

ゲッゲッゲッ。。。

気付かぬうちに底がえらいことになっている。
そりゃーもうえらいことになっている。

ヒールの底にはゴムの欠片も無く、ポッカリ空洞が。。。
ヒールの外壁もそこここ削られておそろしいことになっている。

こりゃいかん。

今年のお正月、里帰り時にソール&ヒールを修理してからこのブーツを何度出動させたのだろう。。。ことごとく酷使してごめんよ。


とにかく、このラブラブブーツを蘇生させるべく、シティーのとある修理屋さんに診断をお願いした。

靴屋の兄ちゃん:「わっちゃー、こりゃ両方で47.5ポンド(約1万円)だね。」
Jondosh:「うぁっうぁっWHAT?!?!」


結局、「ちと、考えさせておくれ。」と無残なブーツを抱きしめて会社へ戻ったとな。


うーーーむ。2万円の靴修理に1万円。
うーーーむむむむ。

お気に入りのブーツだし。
めちゃくちゃ履きやすいし。
なんてったってNYの思いでもつまってるし。


それにしても修理高すぎないかー?!?!
[PR]
by jondosh | 2006-09-05 21:35 | MUMBLING