2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ムール貝、お前なのか。

月曜日の午後、がっくり体調が急降下。

ただの二日酔いだわ。
いつものこと。
今日は大人しく家で。。。

なんて軽く考えていたら、帰宅するや否やさらに激しく急降下。

どうやら熱があるっぽい。
平熱35度のわたし、38度近くあるじゃーん。

体温計の数字見て一気に意識が遠のくわたし(単純)。
ベッドにコテンと横になりフゥフゥいってみる。

あれれ?

そう言えば昼間から気分が悪い。
吐きそうな感じ。

そう言えばおなかもさっきからゴロゴロいってる。


***********

それから丸二日、熱と消化不良に悩まされますた。

やっぱり、酔っぱらってガーーーンと襲撃したパブで喰ったお前なのか?

ムール貝。
[PR]
by jondosh | 2007-04-20 01:02 | MUMBLING
昨日はすさまじい夏日だったの。
まぶしい太陽にテンションあがりすぎの男女8人集合。

ってことで次の日仕事なのに、公園に寝転がってがっつりビール呑んじゃった。
日がかげってからは場所を最寄のバーに移してさらにがっつり呑んじゃった。


9時ごろ、家に帰り、ぬるい風呂に入って就寝。
夜中3度にわたり、のどが渇いて目が覚める。


今朝はきっちり二日酔い。

気分わるーーー。
[PR]
by jondosh | 2007-04-16 19:10 | MUMBLING

猿、万歳!

12th April : Arctic Monkeys @ London Astoria

セットリストはこちら↓

'If You Found This It's Probably Too Late'
'Brianstorm'
'Still Take You Home'
'Dancing Shoes'
'From The Ritz To The Rubble'
'Balaclava'
'I Bet You Look Good On The Dancefloor'
'Teddy Picker'
'Do Me A Favour'
'Mardy Bum'
'Fake Tales Of San Francisco'
'This House Is A Circus'
'Old Yellow Bricks'
'If You Were There, Beware'
'The View From The Afternoon'
'You Probably Couldn't See For The Lights But You Were Looking Straight At Me'
'When the Sun Goes Down'
'Leave Before The Lights Come On'
'A Certain Romance'


まず、おなかいっぱいの新曲'Brianstorm' であっけなくKO!

初っ端から顔面がにやけてしかたない。
かっこよくって、うれしくってしかたない。
ってか太鼓がまじですごーーーいっ!!どしたの(爆)?!


中盤、後半に、発表前のセカンドアルバムから新曲を連続プレイする強気な構成。

この子達、本当に本当に強気。
MCもやっぱりほとんどなしっ!

清い。

装飾ゼロのシンプルなステージにあるのは、
グルーブ、リズム、勢い、あふれんばかりの才能、若さと汗。

太鼓の横に扇風機もない。

清い。

〆はお決まりの'Certain Romance'でアンコールもない。

やっぱり清い。


2階のちょっといい場所から見たのでステージも近いし、邪魔も入らんし、
フロアーオーディエンスも見渡せてショウの全体を見るには抜群だったが、
やっぱり臨場感や一体感ってのに欠けるな。

ステージを凝視してるはずの目が、フロアの一部で勃発してるどつき合いに注目しがちになるし。クラウドサーフィンしてる子の足がVになってるの見て笑っちゃうし。

でもフロアー一致団結肉団子状態、1000人単位が一度にぐわーーーーんと5メートル幅の横揺れを繰り返す様は一見の価値あり。この上なくエキサイティングビューである。


それにしても猿はスゴイ。

売れたらすぐアリーナツアーが定番のなか、ちび箱ツアーってのがスゴイ。

この若さでこのミュージックセンスがスゴイ。

このキャラクターレスな風貌でここまでキャラクタリスティックな存在になりえたってのがスゴイ。

もう一回、

猿はスゴイ。

a0004810_22552890.jpg


ボソボソ(辛口)。
[PR]
by jondosh | 2007-04-13 07:48 | MUSIC&DANCE!

オトコは26歳が旬説。

友達♀と話していて「オトコは26歳が旬説」で盛り上がった。

オトコが一番、色っぽくて美しいとき。

それは26歳


単純、軽薄極まりない根拠↓

● その友達が最近ラブな子が26歳
● リトルバーリーのビリー(太鼓)26歳
● キャンティーンで見かける可愛い彼26歳
● 5年来の友達(日本人♂)も最近めきめき色気がでてきたなっと思ったら奴も26歳

調べてみたら、

● V6の岡田准一君も26歳
(ってここ最近の彼知らんけど。)
● 愛しのリバプールキャプテン、スティーブンジェラードも26歳
(って彼が20歳くらいのときからファンやけど。)

そういえば、アイボウも3年前くらいが旬だったかも(爆)。


旬(しゅん)とは、ある特定の食材において、他の時期よりも新鮮で美味しく食べられる時期。また旬の物はよく市場に出回るため値段も安価になりやすく、消費者にも嬉しい時期である。出盛り期ともいう。 ~Wikipedia~

[PR]
by jondosh | 2007-04-12 20:03 | MUMBLING

猿、いよいよ明日。

で抽選に当たったことをお知らせしたArcticMonkeysのライブがいよいよ明日っ!

去年8月末Forumシークレットギグ以来の猿!わいわいっ!

新曲もわたし的に文句無し。
初めてちゃんと聴いたときに、「そうくるかっ!」と思わず仰け反ったさ。

イントロのドラムだけでカツカレーくらい腹いっぱいみたいなさ。
っで畳み掛けるようにオムライスくらいのボリュームのギターリフが始まってさ。
もう降参!ってなってるのに、その上からナポリタン風こってりエフェクトボイスが突き刺さってきてさ。

ガッツポーズとともに失神!!みたいなさ(笑)。

って相当意味不明な解説だけど、セカンドアルバムの一発目シングルとしてはおつりがくるほどの満足度ってことさ。
なんだったら、タッパー持参でお持ち帰りして、家でまた食いたいってほどの満足度ってことさっ!!!


今日は明日に備えて、10時には就寝しないと。
何て言ってて興奮して寝れなかったりするんだろな。



ひゃーーーっ、たのひみーーーっ!
[PR]
by jondosh | 2007-04-11 23:31 | MUSIC&DANCE!
イースター4連休明け、半分寝ながら会社に来て、まだイースターボケのオフィスでダラダラネット。

4日ぶりにブログのRSSをチェックしてみてスカッと目がさめた。

大大だーーーーい好きな大人気ブロガーのtfortunatiさんがついにレシピ本を出版されたとな。

うわーーーんうわーーーーん。

うれしい。めちゃくちゃうれしい。

彼女のブログは初期も初期、めっちゃ初期から知ってるもんねっ!
って何だか意味もなく自慢げな気持ちですが何か(爆)?

ステキングなお料理写真はもちろん、わたしはなんといっても彼女のスカッ&サバッとした切り口の文章の大ファン。
写真&文章どっちとも本当に魅力的。
神ったら、tfortunatiさんには二物を与えちゃったのね。


とにもかくにも、おめれとーーーございまーすっ!
 
今度里帰りしたときに購入するぜ!イエイ!
[PR]
by jondosh | 2007-04-10 23:12 | MUMBLING

イースター。

それにしても今日のロンドンはいい天気。

朝晩はまだまだ肌寒いけど昼間がFullOfSunshineであっかるーーーいっ!
ワクワクする季節の到来。


明日からはイースターで4連休。

相変わらずノープラン。何しようかなぁ。



公園でピクニックするにはまだ寒いかしら。

友達に会いにブライトンにでも行ってこようかしら。

アイボウの甥っ子を舐めまわしに行こうかしら。



なんてウキウキしてる連休前の午後がいちばん楽しいのかもな。
[PR]
by jondosh | 2007-04-05 21:23 | MUMBLING
アイボウの知り合いのおっさんが、映画をとるらしく、
プロダクションノートの作成をまかされた。

おもしろそうだし、小遣い稼ぎ(超微量)になるので軽い気持ちで引き受けたわけだが、
このおっさん、考えられへんくらいの優柔不断。

とにかく急げ~~~っ!!!


っと無理難題を押し付けられ、
やっとこさ間に合わせ、OKがでてから2日後、

やっぱり、レイアウト全部やりなおし~~~!!!
急げ~~~~~!!


この繰り返しが、かれこれ7回目。


度重なる理不尽な要求に、
1ポンド禿げができるんじゃないかというほど毎回イライラさせられる。


こんなに優柔不断なDirectorってどないやねん。

この映画、日の目を見る日がくるのかしら。
[PR]
by jondosh | 2007-04-04 00:25 | MUMBLING