2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

よいお年を。

大晦日の日本から今朝うれしいニュースが。
まぶだちのMちゃんが予定日より1週間おくれて大きな女の子を出産!
なんとめでたい!!
早くかぶりつきにいきたーーーいっ!!

はてさて、毎年ながら、だらーーーっと年末を迎えてしまったわい。
怒涛の喰っちゃ寝ループで肥大した体を引きずって明日日本へ出発。
今回の里帰りはオカンの見舞いというとこで、楽しい予定は今のところゼロだけど、
滞在10日中、1~2日は脱出を試みる予定。

思いっきり親孝行して思いっきりのんびりしてこよーっと。

すでに体重マックスのわたし、日本でどこまで成長するのかしら。

限界に挑戦。

おそろしや。。。



それでは皆様よいお年をぉ~~!
[PR]
by jondosh | 2007-12-31 20:27 | MUMBLING

師走ダイジェスト①

みなさん、師走ですよ。
公私共にバタバタしっぱなしなのでダイジェスト版で近況報告。


☆ 9日、北ロンのアレクサンドラ・パレスくんだりまでお猿を見に行きました。

彼らのライブは片手で数え切れないほど何度も見てきましたが、今回が一番かっこよかったれす。満足度、興奮度、幸せ度万点ライブでした。

アレックスは終始文句無しに光ってました。
ハイウエストジーンズにFredPerryポロをタックインしてても光ってました。
微妙な革のベルトが、一見一昔前の予備校生でも充分光ってました。

セカンド発売後、マッチョに大変身で驚かせてくれたヘビー級チャンピョンドラムのマットは、またぽっちゃりとしてらっしゃいました。太りやすい体質やねなーーー(笑)。

ジェイミーのほっぺたはいつもどおり真っ赤でした(笑)。

ニックのべースがブリンブリンに決まっててサイコーでした。

とにもかくにもグイングイン急成長しとるなー。
3枚目のアルバムが相当楽しみです。って気が早い。


☆ 10日、TheViewをアストリアで見てきました。
ライブって続くときは続くのよねー。なんてまた当たり前な事を。。

前日、お猿を最前列で踊り狂いながら見たものだから鉄柵に強打で両膝に青タンがボッコーン。ってことで大人しく2階席でみますた。おかげでライブにそれほど没頭できず(涙)。

終始、カイルの天才児ぶりをまじまじと眺めながら、「やっぱりこの子はデキル!」と静かに再確認いたしました。ほんっっっとに芸達者。あと相変わらず不細工なのに可愛い。

老け顔のギターの子(名前飛んだ)、キラキラのリフが毎回ばっちりきまって気持ちよかったす。

あと気になったのは、2曲目で上半身裸になった太鼓スティーブ君の左胸部と右腕の真新しい彫り物。ちぐはぐでセンスのかけらも感じ取れない王道ビルダー風。ちょと。。。

ルックス担当のベースKeiren君、相変わらずMC言語意味不明。以上。



☆ 12日、左手の人差し指及び中指を大火傷しました(大げさ)。
皆様、パスタのゆで汁ってどうします?
“パスタは絶対ちんちこちん派”のわたしは、パスタボウルももちろんちんちこちんにしときたい。アルデンテにゆで上がったパスタをソースパンに投入した直後、残ったゆで汁をパスタボウルになみなみと注ぐわけです。ちょっと乳白色の熱湯です。

その夜、いつもより増してまんたくりんに熱湯を注いだ乳白色のパスタボウル、あっという間に温まったので、お湯を捨てようと、両手でボウルをシンクに運んだ瞬間、中の熱湯が想像以上に大ムーブメントを起こし、左手にザッバーーーー。その瞬間でボウルから手を意地でも放さないのが女のバカなところ。自分の手よりボウルが割れるとか、床が傷つくとかが頭をよぎるのさ。

おかげでその日は朝の4時までズッキンビリビリの激痛で眠れませんでした。
一晩中冷水につけていたおかげで、色が紫に変色しているものの、水ぶくれになることもなく、経過良好です。はーーー我ながらおっちょこちょい。
[PR]
by jondosh | 2007-12-14 23:43 | MUMBLING
仕事を午前半休し、朝から6回目のドライビングレッスンですた。

6回のレッスン中、雨率5回ってどない?

そんな悪天候にも負けず、ここ2回のレッスンで、運転へ対する自信が徐々にあがってきたような気がせんでもないかなと。

今日は前半、縦列駐車と、バックでコーナーを曲がるのと、3ポイントターンを何度か練習し、後半はちょっと速めの大きな道路へ初突入。

時速40マイル(60キロ強)に挑戦。

雨がザバザバ降る中、車線変更するのはこわーいね。

わたしは左右のミラーチェックが忙しくて、ステアリングはほとんどお爺チューターにお任せいたしました(爆)。

命からがらマイナーロードに分け入りほっとしたところで渋滞。

時速1キロで45分経過。

あのー、レッスン1時間で25ポンドちょい(6千円くらい)なんですけど。。。
あのー、毒ガスお爺チューターと密室で45分トークなんですけど。。。
あのーーーーーーーーー(涙)。

やっとこさ渋滞を抜け出したのが、9時55分。

「そう言えば、朝10時~昼12時指定のテスコホームデリバリーしてたのよねー。」

まま、10時きっかりにデリバリーが届くなんてこたこの国において、まずないのでわたしは結構のんびりと言ったんだが、

「そりゃいそがねばっ!!!!」

っとお爺が大豹変。

「Go!go go go go~~~!!!」

ってアーミー並の指差しジェスチャー付きでせかしてくる。

こちとらビギナーなんだから安全に急ぐなんて高度な技ができるわけなかろがぁーっ!

おかげで住宅街の両脇に路駐されてる大きなバンにぶつかりかけた。


はー怖かった。

お爺は相当、時間厳守な人らしい。

覚えておこう。



ちなみに、結局デリバリーが到着したのは12時20分。

ほら。
[PR]
by jondosh | 2007-12-05 23:52 | MUMBLING

ロンドン郊外のパブ。

来年の頭に引っ越す予定の新居は、
ロンドンから南東に位置するベッドタウンにござる。

いつまでたっても購入契約書類が揃わず、グダグダしてるので、
どんな町だったかわすれてしもたわい!

ってことで、すっかり冬仕様であろうタウンセンターの雰囲気を偵察がてら4ヶ月ぶりに訪問してみた。

いやーーー、冬ってやっぱりどこいっても印象変わるわねー。
7割増でデプレッシング。

まぁ、一年で一番鬱な時期なんで仕方ないけど、新居へのテンションがだだズベり。

そりゃ、巨大なショッピングセンターがあって、その周りは一丁前にクリスマス一色で飾られ、買い物客や子供連れで大賑わいなんだけど、やっぱりカルチャーホットスポット(爆)のEast Londonから行くと空気がゆるさに違和感を感じる。

日も暮れ(って4時過ぎですけど)、歩き疲れてハイストリートでパブを探すも、大型チェーン系ばっかり(激安系“Wetherspoon”、オージー系“Walkabout”、アイリッシュ系“O'Neill's”)。

あとはデカデカとカート・コベインとボブマーリーのポスターが並べて貼られた系統が微妙なロック系パブ1軒と、オジパブ数軒。

ロック系パブ以外はすべてテレビが数台設置されサッカーが流されていた。

ってちゃんと全店、いったん中にはいって雰囲気、客層等を偵察してさささと出てきた奇特な暇人はわたしたちですけど何か(爆)?

きっと、住宅街にポツっとステキなのが隠れてたりするんだろうけど、パブ大好きカップルには今のところ厳しい現状。

すなわち、パブもろくにないのだから、レストランなんてもっと無い。
週末に料理したくない病にかかるズボラ主婦のわたしなんかはどすればいいの?

ド田舎出身のアイボウはさほどショックでもないらしく、、
「君ねぇ、ロンドンは特殊やねんでぇ、地方はみーーんなこんなもん。」とな。


そうなのか。

やっぱり禁酒して車なのか。
[PR]
by jondosh | 2007-12-04 01:25 | MUMBLING