2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月16日、おジャビ大先生 @ Troxy
わたしにとって、Blur @ Hyde Parkより大きなイベント。

ほんと、ロンドン生活のラストライブを締めくくるにふさわしい最高のライブだった。

大先生は、最近離婚したらしく、身なりはいっそう汚なこさが増したが、
前回、約2年前にソロライブを見たときとは何かが完全に違った。

性的衝動が再爆発しているのだろうか。
怒りやじれんまや情けなさが大爆発しているのだろうか。

46歳にして、往年のキレを取り戻し、ステージ上所狭しと大暴れ。

腰の引けた、たち方。
a0004810_1843167.jpg

卑猥な指芸(ゆびげい)。
a0004810_1844945.jpg


そして、大先生の真骨頂、あの動きを惜しげもなく披露してくれた。

興奮のあまり自然発生する、あの動き
a0004810_17512512.jpg

a0004810_18102839.jpg
a0004810_18105930.jpg

真似しようとしても結局、ヘンテコ盆踊りになってしまう、あの動き
a0004810_17463329.jpg

そう、地球上で大先生以外に習得した生物がいないといわれる、あの動き

そして、魂が揺らぐほどの泣き叫び。
a0004810_181015.jpg


ジャービス・コッカーここにあり。

これぞ、私が師と仰ぐおジャビ大先生。

大先生はわたしの目の前で復活した。

感無量。
[PR]
by jondosh | 2009-06-19 17:47 | MUSIC&DANCE!
エズ村&モナコ編。

ニースから海岸線を西にバスで約30分。

エズ村到着。

バス停を降りて坂道を上ると、
山頂付近になんとも映画のセットのようなこじんまりした村が出没。
ラブリーにも程がある!!

右向いてパシャ。
a0004810_23222338.jpg

左向いてパシャ。
a0004810_23281530.jpg

石階段上ってパシャ。
a0004810_2328443.jpg

カフェの窓からパシャ。
a0004810_193749.jpg

ヨーロッパの旧市街ってどこも似たり寄ったりで、
最近、古い町並みには正直あまり新鮮な気持ちはもてなかったのだが、
エズ村のチャーミングさにはさすがに乙女心が揺さぶられまくり。

とにかくどこをとってもフォトジェニック。
こんな嘘みたいに可愛らしい村にもちゃんと民家があり、観光地化するずーーっと前から地元民もいるわけで、毎日、毎日世界中から家の軒先に現れる観光客をどんな風に見てるんだろ。

1時間半ほど写真撮影をし倒してエズ村大満喫。

さてさて、お次はニースから乗った同じ番号のバスに乗り込んで更に西へ。

目指すはモナコー!!

ちなみにバスはニース→エズ村、エズ村→モナコ、共に衝撃の1ユーロなり~!
(注:本数は限られてるので事前にチェックするべし。)
それに比べてロンドンバス、オイスターカード使っても1ポンド。ドライバー支払いなら2ポンド。
完全になめてけつかる。

20分ほどでモナコ到着~!

うわーーーい。
到着するなりお金持ちの香りがプンプンする。

ささ、トイレ休憩と。
↓公衆トイレ、豪華絢爛。
a0004810_146193.jpg

機関車型のバスで回るシティーツアーに参加。
写真に見切れている、オセアニア系ツアリスト男子が板尾さんそっくりで笑えた。
このバスツアーは超お勧め。
日本語音声ガイド付き約30分でモナコの観光スポットをくるりと回ってくれるのさ。
a0004810_1491456.jpg

モナコツアーの車窓より。
絵に描いたような青い空、白い雲にピンクの外壁。
これまた、映画のセットのよう。
a0004810_1502771.jpg

眩しい限りの教会。
a0004810_1511295.jpg

公園の向うに聳え立つのはジェームスボンドでお馴染みモンテカルロ・カジノ。
a0004810_324561.jpg

カジノにはとっても縁遠いわたしたち。
せめてもと、モンテカルロ・カジノのお隣、老舗カフェ・ド・パリにて遅めのランチ。
カジノに吸い込まれていく高級外車を眺めながら~。
a0004810_3313777.jpg

クラブサンドイッチとビール。
お腹は膨らんだ。が、美味しくは無い。し、高い。
a0004810_3331873.jpg

住宅地から見下ろすお金持ちヨットベイ。
a0004810_3494799.jpg


っとモナコ公国滞在4時間ほどで金持ち酔いしてしまい、そそくさとニースに戻る。
帰りは電車で20分!

一旦ホテルにもどり、休憩して旧市街のレストランへ。
予約前にカフェでビールを飲んでると、モナコで会った板尾さん再発見。
行動範囲がカブる(笑)。

なんとも充実した観光満載な一日でした。

お次、(があるとしたら)ニース番外編(かも)。
[PR]
by jondosh | 2009-06-16 23:29 | HOLIDAY!
プチバカンスから帰ってきてはや4日経過~。

帰った翌日に、また送別会で朝の2時まで飲んだしー。
今日は朝からアイボウの父&嫁がきてたしー。

相変わらずおっそいアップですね。とほほ。


とにもかくにも、初の南仏!!

ユーロ高なのに思ったより高くないっ!!

クロワッサンが旨いっ!!

人々もおっとりフレンドリーっ!!!

海も空も青いっ!!!


最高のガールズブレイクどした。

ニースに3泊したんだけど、エズ村&モナコにも日帰りでいったよ。
何かと忙しく(でた。お決まりの言い訳。)下調べゼロで、当初はニースに軽く2泊の予定だったのだが、土壇場で「ニースまでいくならエズ村&モナコはパッケージだろ」という周りのアドバイスで急遽1泊延長したのさ。

約10年ぶりのガールズ旅行はめちゃくちゃたのしかったが、ちと疲れたかな。
やっぱりアイボウといくと、キレたいところでキレ放題できるしね(笑)。
あと荷物持ちがいないのもね(笑)。

さてさて、ガールズ旅行と言えば、食。
ニースの食は全部あたりだったー!

観光地にしてはそんなに高くないし、クオリティーも高水準。

マセナ広場の近くのなんでもなさそうなレストランで食べた海の幸てんこ盛りのサフランライス。
味付け絶妙。うんまいっ!!
a0004810_231215.jpg

ホテル近くのパン屋さんで買ったニース風サラダ入りオリーブごろごろバケット。
これ、マジうま。水球ぐらいの大きさだったけど、ぺろりんちょ。
a0004810_2314762.jpg

有名なアイスクリーム屋、Fenocchio Glacier。
まま、普通に旨い。
この写真のバックにぼんやり写るフレンチ爺、
「そんな写真とって、日本にはアイスがないのかい?」とな。
ちょっと憎たらしい小バカにした言い方だったので、カチン。
軽く爺を交わした後、大阪弁で友達としきりに毒付いてやった。完全、中3レベル。
a0004810_2321239.jpg

最終日にいったレストラン、la maison de marie。
ちょっぴり高級サイドだったので、料理の写真は取れず。
充分酔いが回った頃、食後酒のグラッパをパシャと一枚。
グラスの数、どんだけ~~~!
お高いだけあってここは文句なしになにもかも美味しかった。
前菜のタコのカルパッチョがーーー、忘れられぬ。
あと、メインの牛フィレのやりかいことったら。
a0004810_2323817.jpg

はーうっとり。

本当に3泊4日の全食、質、量、値段ともに大満足だったわん。

3日ともディナーの後にバーに寄ったのだけど、値段はちょっぴりハイサイド。
ま、場所によるけど。
最終日にホテル近くで見つけたハバナ系のバーは結構お安く、雰囲気もよかったかな。
a0004810_3191068.jpg


お次、おフランスの定番、ショッピング。
残念ながらゼロ。完全にゼロ。

3日間の旅行なんて機内持ち込みバッグひとつでオーケー。
帰りに荷物増やしたくないもーーんってことで完全にゼロ。
ま、ブランド品興味ないし。

結局空港内でお留守番のアイボウにサラミとチーズを買ったさ。

次回(があるなら)、エズ村&モナコ編(かも)。
[PR]
by jondosh | 2009-06-14 08:16 | HOLIDAY!

いやはや。

専業主婦業を1週間こなして、土曜日の午後、ふと、

「相変わらず、ばたばたしとるなーー。」

毎日なんやかんやと、ばたばたしとる。

どうやら、ゆっくりのんびりできない性格らしい。

長年の夢であった「ざ・朝寝」を一度も実行することなく、会社勤めしていたときよりも早く起床し、ばたばた。

アイボウに餌を与えて、送り出した後、掃除洗濯。
その後、午前は帰国へ向けての調べ物や書類取り寄せなんやで、ネット。
ランチ食べて、午後夕食の買出しへブロードウェイマーケットへ。
平日でも一応肉屋は空いてるし、野菜ストールは出てるし、コンビニはあるし事足りる。
帰りにカフェでカプチーノ&目の保養。
ここの兄ちゃんが文句なしのイイ男なのさ。ぶふふ。
帰ってアイボウの夜餌を用意し、わたしは身支度をして友達とディナー。

なんてことやってます。

たのしい。ぬふふふ。

そして、
明日から3泊4日で親友のCちゃんと「コート・ダジュール、女二人食い倒れの旅」を決行!


最後のヨーロッパ満喫。

わははははーーーーーー!!!!
[PR]
by jondosh | 2009-06-07 01:51 | MUMBLING
おわった。

無事おわった。

先週金曜日に7年勤めた会社を退職しました。

怒涛の送別ランチ&ディナー&ドリンクラッシュで激太り。

以下一部をダイジェストで。

5月19日夜
会社は違うが同じ金融にお勤めで、1年ちょっと前から仲良くさせていただいてるMちゃんとイズリントンのお気に入りジャパレスAkariでしっぽりディナー。
偶然同じ会社のDが居合わせる。やっぱロンドン狭いね。

5月21日夜
社内イベントに同僚の仲良しL&Mと参戦。
ただ酒をがっつり飲み。
オフィスゴシップでぎゃーぎゃーたのしーっ!!
「あそこにいる派手な女と、同僚(既婚者)が一緒に歩いてるの見たー!」
ただ酒がそこにあるかぎり、、、オフィスゴシップの花は枯れぬ。

5月26日夜
同僚3人と某日本食レストランで送別ディナー。
仲良し同僚のL(オフィスのアイドル的金髪美人、そしてイギの若い女性には珍しくすばらしい性格)と私、そして駐在員の男性二人。
ま、どうでも良いんですが、、、主役はわたしのはずじゃぁ???
Lが気を使って話をわたしに戻すたび、駐在の一人(Lファン)がLに英語でつまらない質問する。
英会話レッスンは他でやってください。
ったく、ガキでもあるまいし最後まで気が利かないんだから。。

5月27日夜
部長と新人君としっぽり送別ドリンク。
新人君と初めてちゃんとお話したが、「デキる子ってのはこの子みたいな事をいうんだなー」ってな感じの魅力的な子。
ものすごーくエリートだけど、話してて勉強だけじゃない賢さがにじみ出ている。
嫌味が無く、やんちゃな感じもかわいらしい。
ルックスはタイプじゃないが、誘われたら断りきれる自信が無いわ(爆)。なんつて。

5月29日夜
出勤最終日の放課後、会社関係の人をあつめて「ありがとう!」の気持ちを込めて御返しドリンクパーチー。
5時から10時強までショットあり、シャンパンありでがっつりごっつりドリンク。
途中からアイボウも乱入でたのしくワイワイ!!


パーチーの翌朝、5月何度目?の二日酔いで目覚めたが、
なんともいえない焦燥感と喪失感に襲われた。
もらったFarewellカード読み返して、ウルウルしちゃったり。
いやはや、なんとも不思議なもんだねー。



でもそんなウジウジしてられなーいっ!!

あと1ヶ月に迫った本帰国まで、
思う存分あそびたおすのだーーー!!!
[PR]
by jondosh | 2009-06-02 00:57 | MUMBLING