2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冬季オリンピック

日本を離れていた10年間、

テレビ中継で日本の主要競技を見る事ができなかったこともあり、

すっかりオリンピック離れをしていた。

しかし、連日の報道にすっかりどっぷり飲み込まれ、オリンピックフィーバー洗脳完了。


結果、今日の真央ちゃんには大号泣。

なんて言いながら、生中継ではおろしすぎて見れなかったのだ。。。

最終組が始まると途端に、いてもたってもいられなくなりフラフラァ~~っとスーパーへ買出しへ行ってしまった。


どこまで怖がりやねーーーーん!!!

それにしても。。
[PR]
by Jondosh | 2010-02-26 18:59 | MUMBLING

脱どんぶり宣言

日本生活をはじめるより以前に、アイボウの「ふりかけご飯ブーム」は静かに終焉を向かえていた。

以来、アイボウの「白飯」への消極性は日々の献立作りにおいてこの上なく面倒くさい問題であった。

折角米の美味しい国に帰ってきたというのに、毎日白飯が食べれないなんて。。。

アイボウに改めて白飯の何が嫌なのかと問うと、「味が無くドライだもん」なんて事をぬかす始末。

アイボウとワタシで和洋2食作ることもあるが、毎日となると経済的じゃないしやっぱり面倒くさい。

そこで苦肉の策。

ワタシが白ご飯をワシワシいきたい日は、とりあえず汁気のあるおかずを一品作り、アイボウの分だけご飯に乗っけて「どんぶり化」する。

「海老しんじょう丼」
「スジこん丼」
「なす揚げびたし丼」

なんだか気に食わないが仕方がない。



ある日の献立は、どこやらのテレビで見て触発されたハンバーグ。

アイボウには目玉焼きを乗っけてロコモコ風にと。

そこで、半熟目玉焼きの絡んだ白ご飯を大変満足そうに口に運ぶアイボウを見て、「ペキッ」とひらめいた。

数日後、普通の日本食献立+アイボウの白ご飯の上には半熟目玉焼き&醤油ちょろり。

(いいじゃんいいじゃん!ご飯すすんでるじゃんっっ!!)

作戦を悟られぬよう、時間をおいて。

数週間後、普通の日本食献立+卵かけご飯(もちアイボウのみ)。

アイボウ「ムッサうまいっ!!」っと一気食い!


ひゃっほーーー!!!作戦成功!


日本人には定番の「卵かけご飯」だが、
英人のアイボウにとっては考え及ばぬ度肝抜きまくりんぐの発想。

「生卵=サルモネラ菌てんこ盛り」っていうのが英人の一般常識なのである。

10年あまりのロンドン生活、「卵かけご飯禁断症状」に襲われた時は何度と無くオーガニックの新しい卵の殻を30秒程熱湯消毒し(完全なる気休め)、命がけ(大げさ)でモリモリいってたっけ。


ってことなんで、生卵をホカ飯に割り落とす工程はあまりにもショッキングなのでアイボウに見せず、混ぜ混ぜして出来上がった状態でサーブするのだ。


以来、1週間に1~2度のペースで卵かけご飯を夕食に頂いておるアイボウ。

ちなみに今日の献立、

海老・わかさぎ・まいたけの天ぷら、水菜のサラダ、卵かけご飯。


食べ合わせはどうであれ、、、

脱どんぶり成功!!
[PR]
by Jondosh | 2010-02-24 21:08 | FOODS&DRINKS

うっとしー男。

アイボウと何度か2~3軒目に使ったことのあるオープン仕立ての立ち飲みイタリアンバー。

そこの兄ちゃんが、とにかく面倒くさい。

心身共に距離が測れない小型犬的接客。

馴れ馴れしくてテンションは高いが、面白みが見事なまでに皆無。

客も店主もバイト君もみんな仲間っていう部活的雰囲気を一人で楽しみまくっている。

日本語の分からないアイボウもその彼がどこかしこ苦手であまり行きたがらないのだが、

1~2杯物足りない夜にはぴったりのつまみとワインと料金設定がそろっているのでついつい行ってしまうのだ。


こないだ友と食事をした後、久しぶりによってみた。

案の定、入店するなりうっとうしい響きの

「まいど!」

(うわ、めんどくせー)

「コートここ掛けてねぇ~」

(きも)

てな感じ。


なるべくヤツとかかわらないようにオーダーは違う人へ。
終始ヤツを避けとおして、楽しいガールズトークに花咲かせ、終電前にお開きへと。

お会計も済ませた帰り際、ヤツが見送りに飛んできた。


「ありがとうねぇ~。また来てねぇ~。」


「あれ?今日はあの彼氏は?あのロシア人の。。。」


はい、こういうところ。

アイボウは「彼氏」でもないし「ロシア人」でもない。

てか、自己紹介した覚えも無い。



なんやねん、この土足でガンガンくるこの感じ。


あーーーーーやっぱりうっとしー!!!
[PR]
by Jondosh | 2010-02-19 20:45 | MUMBLING
バレンタインデー前日の土曜日、
アイボウの同僚が「KANSAIぐるっと8日間の旅」にやってきているので飲み会をした。

メンバーはわたし大阪人、アイボウ英人、同僚オランダ人、その彼女スペイン人、その彼女の元同僚イタリア人。

日本語さっぱりさん4人をひきつれ焼き鳥→バーのハシゴはホント一苦労。
メニューひとつ読めない分際で、ツアリスト系の店は絶対イヤーっときたもんだ。
初対面なのに、どあつかましい。

まぁ、お世話係は早々に切り上げて2軒目のバーでは男子を完全放置して、
ガールズトークにはげんでたんだけどもね。

アイボウの同僚の彼女の元同僚イタリア人(ややこしい)はサウジアラビアのプライベートジェットのCAさん。
すんげーゴシップを沢山聞いたはずなんだが、ほとんど酔ってて覚えてません。
もったいない。

ま、とにかく、アイボウもわたしも結構飲んでしまったので、
次の日はひっさびさの二日酔い。

1軒目の焼き鳥屋で注文&会話&メニュー翻訳に忙しく、ちゃんと食べれなかったのが敗因とみられる。

っで、仕方ないので、予約していたレストランはキャンセルし、
食事は常備のうどんや焼きそばなどで済ますという悲しいバレンタインを過ごしてしまった。

夜、このまま寝るのもあまりに侘しいのでApple TV(アイボウが英国アカウントを持っているので3ポンドちょっとで新しい映画がダウンロードレンタルができるのだ!)で映画でもみようってことになり、評価が抜群という理由だけでなぜかこんな映画を借りてしまった。

a0004810_21432745.jpgTONY

あらすじ的には、

「東ロンドンのカウンシルフラットを舞台に万年失業者で精神に重度のソーシャル問題がある主人公トニーが巻き起こしていく連続殺人の物語。」

これぞ、英国映画の真骨頂。
めちゃくちゃダークで心をかき乱される映画。

メインであるトニーの物語の背景に、働かなくてもなんとか福祉で生きていける国に深く根付く怠け者たちの開き直り人生カラーが色濃く表現されている。

興味のある方、日本で公開される事があればどうぞ。



それにしてもなんでこんな映画を、よりにもよってバレンタインの夜に。。。

ロケ地が、
[PR]
by Jondosh | 2010-02-16 20:43 | FILMS&BOOKS
基本的に英国時間で働くアイボウ、折角の週末も起床はお昼過ぎになりがち。

昼過ぎに起きたら、朝ごはん兼昼ごはんも2時~3時とかになりがち。

予定のない冬の3時過ぎなんて、ごろごろしてたらあっという間に暗くなりがち。

週末に外に出ないのはとっても癪なので、夜は近所の焼き鳥等、3~4軒ハシゴしがち。

相変わらずですねぇ。。。


ちゅことで、

先週の土曜日は10時に起床し、正午には家を出て、
チャリンコで中ノ島へゴーっっ!!

天気は良かったものの、恐ろしく冷たい強風に屈し、チャリンコを途中の駅へ乗り捨て、
京阪中ノ島線でゴーーーっ!!!

向かったのは、こちら
a0004810_1950191.jpg

↑以前このポスターを見かけ、奈良美智目当ての軽いミーハー気分でいったんだけども、
他にも結構おおっ!!っと感じるアーティストに出会えて大満足。

中ノ島あたりって、古い建物も新しい建物も混在していて川沿いを散歩するだけでも結構たのしいねぇ。

なぁ~んて有意義に過ごした土曜日のシメは近所のSpanish Bar+ハシゴ2軒。

っと、終わりはいつもと一緒。
[PR]
by Jondosh | 2010-02-08 19:34 | MUMBLING

はじめの第一歩。

先日、実家の近所をオカンの電動チャリでスイスイ徘徊中、
チャリンコでは擦れ違えない道幅のT字路へさしかかった。

その突き当たりに制服姿のおっちゃんが、赤い棒を持って立っていた。

無言でわたしが曲がりたい方向と反対のほうへ棒を振っている。

T字路の裏に小学校があるので、普段から下校時間になると旗を持った引率のボランティアのおっちゃんがそこいら中に立っている。

わたしは咄嗟に見分けがつか付かず、

おっちゃんの棒の意味する事が把握できなかった。

T字路のおっちゃんに近づくにしたがって、

おっちゃんはわたしの行こうとする方向の反対にむかって棒を激しく振り出した。


??・・・っはっ!!


と気付くと同時に、

「いやっ、そっち曲がられへんのんっ?!」

っと口走り、ハンドルを反対方向へ切ったわたし。。。

見知らぬ目上のおっちゃんに、
いきなりのタメ口。

おっちゃんの、
「今、建て壊ししてまんねん。すんまへぇ~ん。」
という声を背中で聞きながら、

「大阪のおばちゃん道」を着実に歩み始めた自分に唖然とすると同時に、
自分が「ネイティブ大阪人」ある事を再確認した冬の午後。
[PR]
by Jondosh | 2010-02-05 17:42 | MUMBLING

大阪ブログ開始します。

沢山のコメントに感動!!
なんともステキング。

これほどまでの放ったらかしブログを、
まだ見捨てずにいてくださる方がいらっしゃるなんて~~!

まっこと幸せものでござりまする。

頂いたコメントの半数はブログはじめた当初からのブロ友。

もう半数の方は初めてか1~2度コメントをいただいた方々。

なんともかんともステキング。

本当にありがとうございますっ!!



ブログって書き続けるのメサメサ面倒くさいけど、
やめるにやめれない中毒性のようなものがあるのよのー。

「つれづれロンドン」に関しては基本が公開日記だったので、
過去のものを読み返してみると、書いていたその当時の感情、状況までもがフワワワーンっとよみがえる。

ほなら普通に日記つければえやないのっ!!

なぜ「公開」することに中毒性があるのか???

そりゃわたしがちとした露出狂なんでしょう(笑)。

という結論しかでません(爆)。


まま、うっすーいあっさーい分析はこのくらいにしておいて、

コテコテ大阪ブログの始まりです。

他へのブログ引越しも考えましたが、とりあえずはここではじめます。

古い友達が尋ねてくれるかもしれないしねん。

いつまで続くかわかりませんがまたお付き合いくださいませませ。


Jondosh
[PR]
by jondosh | 2010-02-01 18:50 | MUMBLING