2009年秋、10年間のロンドン生活を終了。草食系イギリス人夫とオオサカライフスタート!


by jondosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

肉とアイボウ。

昨日は恒例(って2回目)のアイボウ・料理長・ナイトでした。

昨日のメニューは「コテージパイ」。
(牛ひき肉とスウィード(カブの仲間)などのシチューの上に、
マッシュポテトを乗せてオーブンで焼くもの。)

早めに帰宅したアイボウがキッチンで格闘すること1時間半。

出来上がったブツは見た目から大変怪しく、匂いもちょっと嫌な感じです。

どうしよう・・・

一口食べてみました。

まっまっまぁっずぅ~~~っ!!!!

こんなにまずいものは生まれて初めて食べました。

大袈裟だって?本当なの。信じておくれ。

牛ひき肉をお湯で茹でただけのスープみたいな感じです。
どうしたらそんな事が起こりえるのかわかりませんが、
マッシュポテトも普通のイモ以上にまずくなっています。

目の前のアイボウは痩せ我慢してるのか、
それとも本当に美味しいとおもってるのか、
空腹で頭がおかしくなってしまったのか、
「うまいうまい!」とパクついている。

ちゃぶ台ひっくり返す衝動に駆られましたが、
やっぱり今後のことを考えて、やさしく対応してみました。

「あれぇ~?わたしのディッシュ味が無いよぉ~?」
(優しいのか!?)
っといいつつ、塩コショウをタップリ振りかけ、もう一口。。。

ちょっとマシになったので2~3口食べ、
静かにスプーンをおかせて頂きました。

やっぱり黙ってはおれず、
「塩コショウとかちゃんとしたの?」

アイボウ。
「いいや。もぐもぐ。」

わたくし。
「塩コショウしてみ。ちょっとはマシだよ。」

アイボウ。
「いらん。このままでじゅうぶん美味しいよ。
君が白ご飯を美味しいって言うのと、
僕が肉をそのままで美味しいって言うのは一緒だよ。」


屁理屈だぁ!
[PR]
by jondosh | 2004-10-07 03:54 | FOODS&DRINKS